ウィリアム・ワーズワースのプロフィール

ウィリアム・ワーズワース(William Wordsworth/1770年4月7日-1850年4月23日/男性)は、英国文学のロマン派を代表するロマン主義詩人。イングランド・カンバーランドのコッカーマス出身(イングランドの北西部にある湖水地方のあたり)。生まれ故郷である湖水地方をこよなく愛し、自然讃美の詩を数多く残した人物。1798年に親友でもあるサミュエル・テイラー・コールリッジと共同で『Lyrical Ballads』(抒情民謡集)を出版。1798年より1799年にかけて妹のドロシーと共にドイツ旅行に出掛け、『The Prelude』(序曲/自伝的作品)や『ルーシー詩篇』など彼の代表作となる作品・詩を書き始める。その後、湖水地方にコテージを構え、コールリッジやロバート・サウジーらと共に湖水地方の詩人「Lake Poets」(湖水詩人)として知られるようになる。

Created 18 January 2017 / Modified 28 January 2017

主な書籍

  • 『ワーズワース詩集』岩波文庫(訳:田部重治)
  • 『抒情歌謡集:リリカル・バラッズ』大修館書店(コールリッジとの共著/訳:宮下忠二)
  • 『ワーズワス詩選』研究社出版(解説・注釈:沢村寅二郎)
  • 『湖水地方案内:叢書・ウニベルシタス』法政大学出版局(訳:小田友弥)
  • 『ワーズワス情感と内省の詩篇:追憶の日々』晃学出版(訳:五十嵐美智/画:中本友子)

ウィリアム・ワーズワースの名言集

『The Prelude』より

未来に向かって大いなる展望を与えてくれるような
高所に立っていれば
当然、ときおり激しい風に吹かれることだろう。

だが目指すものがあるのなら
そんな風のことは気にしなくていい。

「地球の名言」オリジナル意訳・要約

未分類

言葉。
それはその人の魂を表す。

「地球の名言」オリジナル意訳・要約

間違ってしまったら
言い訳をしている時間があるなら
正しいことを一つした方が早い。

「地球の名言」オリジナル意訳・要約

習慣は人々を支配します。
決心によって正しくあるのではなく
習慣によって正しくしありなさい。

「地球の名言」オリジナル意訳・要約

自分が愛するに値する相手かどうかを考える前に
愛してしまえばよい。

「地球の名言」オリジナル意訳・要約

人は深く悩むことによって
人格を獲得する。

「地球の名言」オリジナル意訳・要約

人の一生において最善のものはなにか。
それは誰の目にも止まらず、誰の記憶にも残らない
愛と思いやりに溢れたささやかな行いである。

「地球の名言」オリジナル意訳・要約

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示