ワイアット・アープのプロフィール

ワイアット・アープ(Wyatt Berry Stapp Earp/1848年3月19日-1929年1月13日/男性)は、西部開拓時代のアメリカの保安官。イリノイ州出身。20歳の頃にバッファロー・ハンター(アメリカバイソンなどの野生動物を銃で狩る職業ハンター)として名を上げ、カンザス州やアリゾナ州で保安官事務所に勤務。1881年には現在も語り継がれている銃撃戦「OK牧場の決闘」を引き起こす(実際は決闘ではなくワイアット・アープら市保安官たちと地元のカウボーイズとの銃撃戦)。晩年は西部開拓時代の伝説的な生き証人となり、親交を持った映画監督ジョン・フォード(John Ford)などに影響を与え、ワイアット・アープの死後も彼を主人公とした西部劇が数多く制作されている。

Created 18 January 2017 / Modified 28 January 2017

ワイアット・アープの名言集

運命とは自分で描くもの。
そしてそれを自分で演じるだけさ。

「地球の名言」オリジナル意訳・要約

噂なんていい加減なものだ。
たいてい噂の方がよくできているんだから。

「地球の名言」オリジナル意訳・要約

銃撃戦っていうのはたいてい
焦った方が負ける。

「地球の名言」オリジナル意訳・要約

賢い者ほど
最後まで銃を手にとらない。

「地球の名言」オリジナル意訳・要約

参考文献・出典

表示/非表示