永松茂久のプロフィール

永松 茂久(ながまつ しげひさ/男性)は、大分県中津市出身の実業家著述家。(株)人財育成JAPAN 代表取締役、永松塾主宰、出版&ビジネス支援家、知覧富屋食堂ホタル館特任館長などを務める。「一流の人材を集めるのではなく、いまいる人間を一流にする」というコンセプトのユニークな人材育成法には定評があり、全国で多くの講演、セミナーを実施。経営、講演だけではなく、執筆、人材育成、出版コンサルティング、ビジネスコーチング、イベント主催、映像編集、ブランディングプロデュースなど数々の事業を展開している。

Created February 14, 2021

主な著書


著書一覧を表示

  • 『在り方-自分の軸をもって生きるということ-』サンマーク出版
  • 『人は話し方が9割』すばる舎
  • 『20代を無難に生きるな』きずな出版
  • 『30代を無駄に生きるな』きずな出版
  • 『好きな人と「だけ」生きていく』WAVE出版
  • 『斎藤一人の道は開ける』PHP研究所
  • 『悩まない力 メンタルが強くなるポジティブのトリセツ。』徳間書店
  • 『心の壁の壊し方―「できない」が「できる」に変わる3つのルール』きずな出版
  • 『感動の条件』ロングセラーズ
  • 『男の条件』きずな出版

永松茂久の名言集

『20代を無難に生きるな』きずな出版より

年齢に関係なく、うまくいく人というのは
自分の中でしっかりとした「芯」を持っている。

あなたにも自分が納得する生き方をするために
しっかりとした自分自身の行動の原則を
持って欲しいのだ。

自分の芯。それはつまり、
生きる上で揺るぎない独自の価値観。

もっとも大事なのはまわりに流されず
自分の芯を曲げないことだ。

抜粋・略

20代のうちは
そんなに難しいテクニックはいらない。

それよりも太く、しなやかで折れない
自分の在り方をつくることのほうが
よっぽど後々の役に立つ。

抜粋・略

矛盾に満ち溢れた世の中で
不器用でいいから
あなたらしくたくましく生き続けてほしい。

そのために大切なこと。
それは自分自身の中に
太い刀を持つこと。

言い換えれば自分のなかで譲れない
芯をもつことなのだ。

抜粋・略

壁にぶつかったとき
未来に対して不安を感じたとき
どう行動するかで
その後の長い人生の結果が変わる。

抜粋・略

いつの時代でも
大物になる20代は最初から輝きが違う。

抜粋・略

まわりと歩調をあわせるために
自分を抑えて無難に生きるなどという
考え方はもっと年齢を重ねた後でいい。

抜粋・略

「常識」とはあくまで
大衆が自分たちの意見を肯定するために
生み出した便利な言葉。

抜粋・略

わずか一度の失敗で心が折れてしまい
チャレンジをあきらめてしまう人と
チャレンジし続ける人との違いは

「失敗した。もう駄目だ」と考えるか
それとも「それなら次は
どうやったらうまくいくんだろう?」
と考えるかの差だけ。

抜粋・略

そもそもあなたの上司や尊敬する人
いま身近で大活躍しているビジネスマンなど
まわりのプロたちも最初はみんな素人だったのだ。

この事実に早く気づこう。
誰もが手痛い失敗をし
それを次に活かしながらチャレンジした結果
いまの活躍があるのだ。

抜粋・略

一度や二度の失敗は当たり前。
そう腹をくくって、まずはチャレンジ。
そして次は改良。

このサイクルの繰り返しでやっていけば
必ず打率は上がる。

抜粋・略

悩んだ数だけ強くなれる。
悩んだ人ほど強くなれる。

抜粋・略

自分の幸せをまわりに依存することは
ある意味ギャンブルだ。

「この人と結婚すれば幸せになる」
「この会社に入れば一生安泰」
「何があってもまわりが守ってくれるはず」
そんな考えは甘いし、そもそもない。

もしあてが外れたときは
ずっとその相手のせいにしながら
生きていくことになってしまう。

抜粋・略

欲しいものがあれば
まずは一歩を踏み出してみればいい。

脇目も振らずそこに向かえばいい。
方法なんて走りながら考えればいいんだ。

抜粋・略

塁に出るチャンスは
バッターボックスに立った人にしかやってこない。

空振りをしてもいい。
とにかく一度でも多く打席に立つんだ。
運はバッターボックスに立った数に比例する。

抜粋・略

伸びる人は自分のやるべき仕事を
まず先にやる力を身につける。

その向こうにしか、
やりたい仕事ができる世界は
来ないと知っている。

抜粋・略

一流の人とそれ以外の人の差は紙一重だ。
一流の人はくじけそうになってもあきらめず
そのほかの人はあきらめてやめる
ただそれだけだ。

抜粋・略

あなたがあきらめさえしない限り、
いつの日か振り返ったとき
あなたのいまの努力から生まれた悩みが
後の道しるべとなる日が必ず来る。

抜粋・略

嫉妬にエネルギーを使う暇はない。
人を蔑む時間があったら
自分のレベルを上げることに
エネルギーを使おう。

抜粋・略

自分にとっていらないものを手放せば
あなたはもっと自由になれる。

抜粋・略

いいときは「成功期」
悪い時は「成長期」。

抜粋・略

チャレンジしている20代には
「成長」と「成功」しかない。

抜粋・略

うまくいかないときは学び
うまくいっているときは感謝する。

抜粋・略

2階に登りたいと心から願う人だけが
はしごの存在を思いつく。

月に行きたいと心から願う人だけが
ロケットの存在を生み出すことができる。

やっぱり大切なのは情熱ですなぁ。

情熱さえあれば
方法はあとから見つかりますから。

(by 松下幸之助)

抜粋・略

限界は自分の心がつくる。
ということはあなたが
「できるかできないかじゃない
やるんだ」と決めたとき
邪魔できる人は誰もいないのだ。

抜粋・略

そんなに遠慮せずに
もっと大きく未来を描いていい。

抜粋・略

平時のときはゆとりを持っている人でも
土壇場になるとその真価が問われる。

抜粋・略

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

あなたには大切にしたい
誰かがいますか?
その人は笑ってますか?

その人を幸せにするために
あなたは命をどう使いますか?

抜粋・略

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示
  • 永松茂久『20代を無難に生きるな』きずな出版(2020). Profile and Quote part.
  • SHIGENII MEDIA | 永松茂久オフィシャルウェブメディア(nagamatsushigehisa.com). Profile part.
  • ※参考文献・出典元が表記されていない名言や未分類に分類されている名言は詳細な参考文献・出典元がわかっていない記述となります。参考文献・出典元不明の記述に関しては現在調査を行っており、詳細がわかりしだい追記・分類を行っています。
  • ※地球の名言では、読者の方が読みやすく・わかりやすくするために当サイト独自の編集(略:省略/前略/中略/下略/大略,翻訳/意訳,要約等)を施している言葉があります。引用される場合はその点を留意し、読者の方に誤解のない表記をお願いします。