アーネスト・ヘミングウェイのプロフィール

アーネスト・ヘミングウェイ(Ernest Miller Hemingway/1899年7月21日-1961年7月2日/男性)は、アメリカ・イリノイ州出身の小説家詩人レイモンド・チャンドラーやダシール・ハメットらと並ぶ「ハードボイルド文学の原点」と称される人物であり、反道徳的な内容でも批判を加えずに、客観的にシンプルに描く作風で知られる。彼の冒険的な生活イメージも相まって、20世紀の文学界と人々のライフスタイルに大きな影響を与えた。作品の多くは、1920年代中期から1950年代中期にかけて制作され、1954年に『老人と海』でノーベル文学賞を受賞した。

Created February 15, 2021

主な著書


著書一覧を表示

  • 『老人と海』新潮社
  • 『武器よさらば』新潮社
  • 『勝者に報酬はない・キリマンジャロの雪: ヘミングウェイ全短編』新潮社
  • 『われらの時代・男だけの世界: ヘミングウェイ全短編』新潮社
  • 『日はまた昇る』新潮社
  • 『蝶々と戦車・何を見ても何かを思いだす: ヘミングウェイ全短編』新潮社
  • 『移動祝祭日』新潮社
  • 『誰がために鐘は鳴る』新潮社
  • 『海流のなかの島々』新潮社

アーネスト・ヘミングウェイの名言集

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

今は「ないもの」について
考えるときではない。

「今あるもの」で
何ができるかを
考えるときである。

抜粋・略

誰かを信頼できるか
を試すのに、
一番良い方法は、

彼らを信頼してみる
ことである。

抜粋・略

勇気とは、
窮地に陥ったときにみせる
気品のことである。

抜粋・略

「これをやりに
おれは生まれてきた。」

と思えることだけを
考えていればよい。

抜粋・略

釣れないときは、
魚が考える時間を
与えてくれたと思えばいい。

抜粋・略

人間の価値は、
絶望的な敗北に直面して、

いかにふるまうか
にかかっている。

抜粋・略

この世は素晴らしい。
戦う価値がある。

抜粋・略

ただ動いているだけでは、
行動とは言えない。

抜粋・略

とにかく、
新しい毎日なんだ。

抜粋・略

いかに必要で
あったとしても、

いかに正当な理由が
あったとしても、

戦争が犯罪だということを
忘れてはいけない。

抜粋・略

愛していない人間と
旅に出てはいけない。

抜粋・略

心の底からやりたい
と思わないのなら
やらない方がいい。

抜粋・略

人々が自殺しない
本当の理由。

それはこの地獄さえ切り抜ければ、
人生はいかに
素晴らしいものであるか

というのを
本当は知っているからである。

抜粋・略

わが人生は、
ほんの一行で要約できるだろう。

そう、私は生きることを
十分に楽しんだと。

抜粋・略

あちこち旅をしてまわっても
自分から逃げることはできない。

抜粋・略

年を重ねると
ヒーローを見つけるのが
より難しくなるんです。

でも本当は、
年を重ねた時こそ
必要みたいです。

抜粋・略

人生について書きたいなら
まず生きなくてはならない。

抜粋・略

善とは何か。
後味の良いことだ。

悪とは何か。
後味の悪いことだ。

抜粋・略

書籍ほど
信頼できる友はいない。

抜粋・略

人間は、負けるように
造られてはいないんだ。

殺されることはあっても
負けることはないんだ。

抜粋・略

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示
  • アーネスト・ヘミングウェイ. フリー百科事典 Wikipedia. Retrieved 2021年1月20日 (水) 04:14, UTC. URL. Profile part.
  • ※参考文献・出典元が表記されていない名言や未分類に分類されている名言は詳細な参考文献・出典元がわかっていない記述となります。参考文献・出典元不明の記述に関しては現在調査を行っており、詳細がわかりしだい追記・分類を行っています。
  • ※地球の名言では、読者の方が読みやすく・わかりやすくするために当サイト独自の編集(略:省略/前略/中略/下略/大略,翻訳/意訳,要約等)を施している言葉があります。引用される場合はその点を留意し、読者の方に誤解のない表記をお願いします。