ローレンス・オリヴィエのプロフィール

ローレンス・オリヴィエ(Laurence Kerr Olivier/1907年5月22日-1989年7月11日/男性)は、20世紀の名優と称されるイギリスの俳優映画監督シェイクスピア作品を数多く演じ、シェイクスピア俳優としても著名。愛称はラリー(Larry)。サリー州ドーキング生まれ。3歳の時にロンドンへ移り、9歳の頃からオール・セインツ教会聖歌隊に所属。1924年にセントラル・スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマに入学し、翌年にヒポドローム劇場で『幽霊列車』で初舞台を踏む。1926年に劇団バーミンガム・レパートリー・シアターの巡業に参加し、そのまま同劇団と契約。古典劇から新作劇まで数々の舞台をこなし経験を重ね、1930年に『The Temporary Widow』で映画デビュー。ブロードウェイへ進出を経て、ハリウッドでも映画3作に出演。1933年にイギリスへ戻り、同年にシェイクスピア劇で有名なオールド・ヴィック・シアターに加わり、『ハムレット』や『十二夜』などの舞台で高い評価を獲得。その後、海軍に志願し航空隊のパイロットとして海軍に在籍。海軍在籍中の1943年には国威発揚映画『The Demi-Paradise』や『ヘンリィ五世』の監督・主演も務めた。1947年にナイト位を授けられ、同年に監督・主演した映画『ハムレット』でアカデミー作品賞、主演男優賞を受賞。名実共にイギリスを代表する名優となる。

Created 19 January 2017 / Modified 28 January 2017

主な出演作品

  • 『嵐が丘』(1939年) 初のアメリカ映画出演作
  • 『レベッカ』(1940年)
  • 『美女ありき』(1941年)
  • 『ヘンリィ五世』(1944年)
  • 『ハムレット』(1948年) アカデミー主演男優賞,ゴールデングローブ賞主演男優賞受賞
  • 『リチャード三世』(1955年)英国アカデミー賞最優秀英国男優賞,ゴールデングローブ賞英語外国映画賞,ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞。
  • 『スパルタカス』(1960年)
  • 『素晴らしき戦争』(1969年) 英国アカデミー賞助演男優賞受賞
  • 『探偵スルース』(1972年)ニューヨーク映画批評家協会賞主演男優賞受賞
  • 『マラソンマン』(1976年)ゴールデングローブ賞助演男優賞受賞
  • 『ブラジルから来た少年』(1978年)
  • 『タイタンの戦い』(1981年)

主な著書

  • 『一俳優の告白:ローレンス・オリヴィエ自伝』文藝春秋(訳:小田島雄志)
  • 『演技について』早川書房(訳:倉橋健・甲斐万里江)

ローレンス・オリヴィエの名言集

完璧な人間になる必要なんてないんだ。
自分ができる精一杯をやりきればいい。
そうすれば素晴らしい結果がついてくるはずさ。

「地球の名言」オリジナル意訳・要約

人生はシンプルでいいんだよ。
ただ目をしっかりと見開いて生きていけばいい。

「地球の名言」オリジナル意訳・要約

わたしは詩人というのは労働者だと思う。
シェイクスピアだって労働者だ。
そして神だって労働者だ。

俳優という職業が労働者よりも優れている
なんて思ったことは一度もない。
わたしも勤勉に働く労働者なんだから。

「地球の名言」オリジナル意訳・要約

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示