アルフレッド・テニスンのプロフィール

アルフレッド・テニスン(Alfred Tennyson/1809年8月6日-1892年10月6日/男性)は、ヴィクトリア朝時代に活躍したイギリスの詩人。美しい措辞と韻律で知られ、日本でも広く愛読されている。1889年の短詩『砂州を越えて』(Crossing the Bar)は辞世の歌として名高い。1892年に死去し、ウェストミンスター寺院に埋葬された。葬式では愛唱した讃美歌「聖なる、聖なる、聖なるかな」が歌われたとのこと。

Created March 7, 2021

主な著書


著書一覧を表示

  • 『Poems by Two Brothers(兄のチャールズやフレデリクとの共作/1827年)』
  • 『Poems Chiefly Lyrical(初の単独作/1830年)』
  • 『シャロットの妖姫 The Lady of Shalott(本作以降、約10年間作品を発表していない/1833年)』
  • 『Poems by Alfred Tennyson(出世作/1842年)』
  • 『The Princess(1847年)』
  • 『Maud(1855年)』
  • 『国王牧歌(1859~64年)』
  • 『イノック・アーデン Enoch Arden(1864年)』
  • 『Locksley Hall Sixty Years After(1886年)』
  • 『砂州を越えて Crossing the Bar(辞世の歌として名高い/1889年)』

アルフレッド・テニスンの名言集

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

一人の敵もつくれない人は
一人の友ももてない。

抜粋・略

人間は一人では
人間たりえない。

抜粋・略

希望こそが
人間をつくる。

大いなる希望を
持ちなさい。

抜粋・略

自尊、自己認識、自制※。
この三つのものが
人生を最高の力へ導く。

※自分を尊び、自分を知り、
自分をコントロールすること。

抜粋・略

行け、わが友よ、
新たな世界を求めるのに、
遅すぎることはない。

抜粋・略

恋して恋を失ったのは、
まったく愛さないよりもましだ。

抜粋・略

分からないときには、
必ず明るい面を見よ。

抜粋・略

生は短くも、
愛は長し。

抜粋・略

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示
  • アルフレッド・テニスン. フリー百科事典 Wikipedia. Retrieved 2020年9月5日 (土) 17:05, UTC. URL. Profile part.
  • ※参考文献・出典元が表記されていない名言や未分類に分類されている名言は詳細な参考文献・出典元がわかっていない記述となります。参考文献・出典元不明の記述に関しては現在調査を行っており、詳細がわかりしだい追記・分類を行っています。
  • ※地球の名言では、読者の方が読みやすく・わかりやすくするために当サイト独自の編集(略:省略/前略/中略/下略/大略,翻訳/意訳,要約等)を施している言葉があります。引用される場合はその点を留意し、読者の方に誤解のない表記をお願いします。