ロス・ペローのプロフィール

ヘンリー・ロス・ペロー(Henry Ross Perot/1930年6月27日-/男性)は、アメリカ・テキサス州出身の実業家政治家。アマリカ海軍兵学校を卒業後、海軍に入隊。4年間海軍に在隊した後、IBMに入社。同社で5年間勤務した後、IT企業のエレクトロニックデータシステムズ(Electronic Data Systems)を設立。アメリカ政府からメディケア(社会保険)関係の業務を受注するなどして急成長を遂げ、1968年に株式上場も果たす。1984年に同社はゼネラルモーターズに買収され、ペローは経営陣として残るものの官僚主義的な体質が合わず退社。その後、IT企業のペロー・システムズ(Perot Systems)の創業、スティーブ・ジョブスが創業したNeXTへの出資などを行う。1992年に大統領選への出馬を宣言し、政治活動を開始。一時は世論調査でトップになるなど支持を集めるが、50州での大統領候補登録が微妙になりそうであったため、大統領選挙戦からの不出馬を表明。全ての州で候補登録が完了したため再出馬を表明したが、支持を取り戻せず得票は18.87%(一般投票)で終わった。その後は北米自由貿易協定への反対などを訴え、1995年にアメリカ合衆国改革党を結成。1996年の大統領選を戦うものの、得票率は8.5%と前回を下回ってしまう。パット・ブキャナンの擁立にこぎつけた2000年の大統領選を最後に政治家としての活動に終止符を打つ。

Created 22 January 2017 / Modified 28 January 2017

関連書籍

  • 『大富豪ロス・ペローという男:アメリカンドリームの実現者-日本はライバルであって敵ではない』ベストセラーズ(著:トニー・チュー/訳:間中恵子)
  • 『ロス・ペロー:GM帝国に立ち向かった男』ダイヤモンド社(著:ドロン・レヴィン/訳:鈴木主税)
  • 『ロス・ペロー:合衆国大統領に挑んだ男』飛鳥新社(著:ケン・グロ/訳:舛添要一)

ロス・ペローの名言集

『グラデュエーション デイ:未来を変える24のメッセージ』オデッセイ コミュニケーションズ/1994年5月22日に行われたボストン大学での講演より

人生においてはね
打ったボールは
まっすぐ自分に跳ね返ってくんだ。

「地球の名言」オリジナル意訳・要約

人々がみんな利己的にしまえば
社会は立ち行かなくなってしまいます。

皆さんは生涯を通じて
問いかけてください。
「自分は何かの役に立てているだろうか?」と。

「地球の名言」オリジナル意訳・要約

皆さんは奪う人間ではなくて
与える人間になってください。

常に他人に手を差し伸べられる
人間になってください。

「地球の名言」オリジナル意訳・要約

一人では大したことは出来ません。
でも、大勢でなら
とんでもないことができるのです。

「地球の名言」オリジナル意訳・要約

問題があること自体は気にしなくていいのです。
問題に対してあなたが何をしなくてはいけないのか。
そこに集中してください。

失敗したら責任をとればいいだけです。
サイドラインでじっとしていてはだめです。
泣き言をいってるだけでは、人生は何も変わりません。

「地球の名言」オリジナル意訳・要約

私が一番、皆さんに言いたいのは
無理をしないで安全に生きるぐらいなら
死力を尽くして敗れた方がいいということです。

「地球の名言」オリジナル意訳・要約

ビジネスの世界では2位はありません。
勝つか負けるかだけです。
一番にならなければ生き残れません。

「それはビジネスでの話だろう」いいえ違います。
皆さんが聖職者になろうというなら
その第一人者になってください。

医者、教師、ソーシャルワーカーでも同じことです。
それぞれの第一人者になってください。

寝食を忘れて自分の仕事に取り組む。
そんな人間になってほしいのです。

そのような人間が何人いるか。
これがこの国の将来を決めます。

「地球の名言」オリジナル意訳・要約

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示