西村博之(ひろゆき)のプロフィール

西村博之(ひろゆき)(にしむら ひろゆき/1976年11月16日-/男性)は、東京都北区赤羽出身(生まれは神奈川県相模原市)の実業家著作家プログラマYouTuber。日本最大級の匿名掲示板「2ちゃんねる」の開設者として知られる人物。大学在学中の1999年に「2ちゃんねる」(現・5ちゃんねる)を開設。2005年、ニワンゴ(現・ドワンゴ)取締役管理人に就任し、翌年に「ニコニコ動画」を開始。2015年にフランス・パリへ移住。同年、英語圏最大の匿名画像掲示板「4chan」を買収し管理人に就任する。

Created April 18, 2021

主な著書


著書一覧を表示

  • 『叩かれるから今まで黙っておいた「世の中の真実」』三笠書房
  • 『自分は自分、バカはバカ。 他人に振り回されない一人勝ちメンタル術』SBクリエイティブ
  • 『なまけもの時間術 管理社会を生き抜く無敵のセオリー23』学研プラス
  • 『1%の努力』ダイヤモンド社
  • 『論破力』朝日新聞出版
  • 『このままだと、日本に未来はないよね。』洋泉社
  • 『無敵の思考』大和書房
  • 『ソーシャルメディア絶対安全マニュアル』インプレス
  • 『就職しない生き方 ネットで「好き」を仕事にする10人の方法』インプレス
  • 『ホリエモン×ひろゆき やっぱりヘンだよね ~常識を疑えば未来が開ける~』集英社

西村博之(ひろゆき)の名言集

『1%の努力』ダイヤモンド社より

がんばればどうにかなると考えている人は甘い。
努力でなんとかしようとする人は
「やり方」を変えない。

抜粋・略

悪い環境には人を育てる側面があり、
時代が悪いことがチャンスにもなる。

抜粋・略

「頑張ればなんとかなる」と
普通の人は思ってしまう。
しかし、これが意外と危険であると思うのだ。

抜粋・略

好きな事は「自分はこれが好きだ」と言えることであって
それ以外に特に理由をつける必要はない。
「好きなものは好き。だって好きだから」
これ以上に何を語る必要があるだろうか。

抜粋・略

人生は有限だ。
多くの時間を好きな事に割いたほうがいい。

抜粋・略

「この体験がなくなったら困る」と
あなたがそう強く感じられるものを
安定収入にするのがいい。
あるいは人生を捧げてもいいかもしれない。

そこには第3者の意見が入る余地はない。
誰がどう思っているかはどうでもいい。
ほかの誰でもない「この自分」が困るのだから自分でやる。

「喜んでいる人の笑顔がみたい」「社会の役に立ちたい」
「市場性がある」こんなものはすべて後付けだ。

抜粋・略

「それがないと自分が困る」
物事は大きくなりすぎると
やがて「共存」する。

抜粋・略

世の中、みんな本音を言わない。
「言ってはいけない」という空気が支配している。
そんな中で、本音をズバッという人がいたらどうだろう。
一気にポジションをとれる。

抜粋・略

世の中は本当にみんな同じことしか言わない。
そんな中でちょっと違う視点からモノが言えれば
一気に抜きんでることができる。

抜粋・略

社会で「天才」と呼ばれるか
「変人」と呼ばれるかを分けるものは
出された成果物を社会がどれだけ受け入れるかによる。

抜粋・略

質で勝てないなら
量を徹底的に増やすしかない。

抜粋・略

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

たいていのことは
検索すれば答えが出てくるわけで、
個人の知識として蓄える必要があるモノって
なかなか無いんですよね

抜粋・略

僕、「人はなぜ生きるのか」という問いの答えは、
「死ぬまでにできるだけ楽しく幸せに暮らすため」だと、
今のところ思っているんです

抜粋・略

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示
  • 西村博之(ひろゆき)『1%の努力』ダイヤモンド社(2020). Profile and Quote part.
  • 西村博之. フリー百科事典 Wikipedia. Retrieved 2021年4月18日 (日) 03:15, UTC. URL. Profile part.
  • ※参考文献・出典元が表記されていない名言や未分類に分類されている名言は詳細な参考文献・出典元がわかっていない記述となります。参考文献・出典元不明の記述に関しては現在調査を行っており、詳細がわかりしだい追記・分類を行っています。
  • ※地球の名言では、読者の方が読みやすく・わかりやすくするために当サイト独自の編集(略:省略/前略/中略/下略/大略,翻訳/意訳,要約等)を施している言葉があります。引用される場合はその点を留意し、読者の方に誤解のない表記をお願いします。