アンドレ・ジッドのプロフィール

アンドレ・ポール・ギヨーム・ジッド(Andre Paul Guillaume Gide/1869年11月22日-1951年2月19日/男性)は、フランス・パリ出身の小説家随筆家。「アンドレ・ジイド」「アンドレ・ジード」とも表記される。当時のヨーロッパを支配していたキリスト教的道徳や論理からの解放や自由を小説を通して訴えたことで知られる人物であり、彼の著書は長きにわたり、ローマ教皇庁により禁書に指定されていた。1945年にゲーテ勲章、1947年にノーベル文学賞を受賞。

Created April 27, 2021

主な著書


著書一覧を表示

  • 『狭き門』新潮社
  • 『一粒の麦もし死なずば』新潮社
  • 『ソヴィエト旅行記』光文社
  • 『秋の断想』新潮社
  • 『背徳者』岩波書店
  • 『ショパンについての覚え書き』ショパン
  • 『田園交響楽』新潮社
  • 『未完の告白』新潮社
  • 『法王庁の抜け穴』岩波書店
  • 『ジッドの日記』日本図書センター

アンドレ・ジッドの名言集

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

長い間、海岸を
見失うだけの覚悟がなければ、

新大陸を
発見することはできない。

抜粋・略

幸福になる秘訣は、
快楽を得ようと
努力することではない。

努力そのものの中に、
快楽を見出すことである。

抜粋・略

嘘で固めた自分で
愛されるよりも、

本当の自分で嫌われた方が、
気持ちがいいではないか。

抜粋・略

幸福になる必要はないと、
思い始めた日から、
私は幸福を感じるようになった。

抜粋・略

目が見える人間は、
目が見えるという事が、

いかに幸せであるかを、
ほとんど感じずに生きていく。

抜粋・略

未来を創造する者は、
君達をおいて
他にいないのです。

抜粋・略

平凡なことを、
毎日に平凡に実行する。
これを非凡と呼ぶ。

抜粋・略

人は誰でも
素晴らしい可能性を秘めている。

「自分次第でどうにでもなる」
ということを、
忘れてはいけない。

抜粋・略

誤りと無知とによって作られた幸福など、
私は欲しくない。

抜粋・略

幸福になる秘訣は、
快楽を得ようと
ひたすらに努力することではなく、

努力そのもののうちに
快楽を見出すことである。

抜粋・略

美しく死ぬのは、
さほど難しいことではない。
しかし、美しく老いることは至難の業だ。

抜粋・略

心というものは、
使わずにおくと干からびるものである。

抜粋・略

幸福になる必要はないと、
思い始めた日から、
私は幸福を感じるようになった。

抜粋・略

我々は、まず人間から
出発しなければならない。

抜粋・略

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示
  • アンドレ・ジッド. フリー百科事典 Wikipedia. Retrieved 2020年7月12日 (日) 06:36, UTC. URL. Profile part.
  • ※参考文献・出典元が表記されていない名言や未分類に分類されている名言は詳細な参考文献・出典元がわかっていない記述となります。参考文献・出典元不明の記述に関しては現在調査を行っており、詳細がわかりしだい追記・分類を行っています。
  • ※地球の名言では、読者の方が読みやすく・わかりやすくするために当サイト独自の編集(略:省略/前略/中略/下略/大略,翻訳/意訳,要約等)を施している言葉があります。引用される場合はその点を留意し、読者の方に誤解のない表記をお願いします。