宮口幸治のプロフィール

宮口幸治(みやぐち こうじ/男性)は、立命館大学産業社会学部教授。京都大学工学部を卒業し建設コンサルタント会社に勤務後、神戸大学医学部を卒業。児童精神科医として精神科病院や医療少年院に勤務、2016年より現職。医学博士臨床心理士。困っている子どもたちの支援を行う「コグトレ研究会」を主宰。

Created June 15, 2021

主な著書


著書一覧を表示

  • 『ケーキの切れない非行少年たち』新潮社
  • 『どうしても頑張れない人たち~ケーキの切れない非行少年たち2』新潮社
  • 『境界知能とグレーゾーンの子どもたち』扶桑社
  • 『不器用な子どもがしあわせになる育て方 ー コグトレ』かんき出版
  • 『医者が考案したコグトレ・パズル』SBクリエイティブ
  • 『社会面のコグトレ 認知ソーシャルトレーニング2 対人マナートレーニング/段階式問題解決トレーニング編』三輪書店
  • 『NGから学ぶ 本気の伝え方――あなたも子どものやる気を引き出せる!』明石書店
  • 『対人マナーを身につけるためのワークブック――学校では教えてくれない 困っている子どもを支える認知ソーシャルトレーニング』明石書店
  • 『1日5分! 教室で使えるコグトレ 困っている子どもを支援する認知トレーニング122』東洋館出版社
  • 『1日5分! 記憶力をぐんぐん鍛えるパズル! コグトレ』SBクリエイティブ

宮口幸治の名言集

『ケーキの切れない非行少年たち』新潮社より

子供が少年院に行くということはある意味
「教育の敗北」でもあるのです。

抜粋・略

目標が立てられないと
人は努力しなくなります。

抜粋・略

無条件反射を除くと
感情が人間のほとんどの行動を
支配していると言っても
過言ではないでしょう。

抜粋・略

非行化は彼らなりの
生き残りの手段だったりします。

抜粋・略

”褒める””話を聞いてあげる”は
その場を取り繕うにはいいのですが
長い目でみた場合、
根本的解決策ではないので
逆に子供の問題を先送りにしているだけ
になってしまいます。

抜粋・略

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示
  • 宮口幸治『ケーキの切れない非行少年たち』新潮社(2019). Profile and Quote part.
  • ※参考文献・出典元が表記されていない名言や未分類に分類されている名言は詳細な参考文献・出典元がわかっていない記述となります。参考文献・出典元不明の記述に関しては現在調査を行っており、詳細がわかりしだい追記・分類を行っています。
  • ※地球の名言では、読者の方が読みやすく・わかりやすくするために当サイト独自の編集(略:省略/前略/中略/下略/大略,翻訳/意訳,要約等)を施している言葉があります。引用される場合はその点を留意し、読者の方に誤解のない表記をお願いします。