moto (戸塚俊介)のプロフィール

moto (戸塚俊介)(1987年-)は、長野県出身の実業家著述家。moto株式会社 代表取締役CEO。地方ホームセンターやリクルート、SMSなど複数社に在籍後、上場企業へのM&Aを経て独立。会社員として在籍しながら自身の転職経験を綴ったブログ「転職アンテナ」を運営し、2021年4月にログリー株式会社へM&A。現在は子会社の代表取締役を務めている。会社員の年収を240万から年収1,000万円まで上げた「軸ずらし転職」や「副業年収4,000万円」などの実績が注目され、「ForbesJapan」や「日本経済新聞」、「東洋経済オンライン」など、数多くのメディアに取り上げられている。

Created June 21, 2021

主な著書

  • 『転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方』扶桑社

著書一覧を表示

moto (戸塚俊介)の名言集

『転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方』扶桑社より

大前提として年収を上げる転職には
「今いる会社」で成果を出すことが必要です。

特に20代のうちは
高い給料を追い求めるより
「自分のスキル」を貯めたほうが
長い目では大きな価値になります。

抜粋・略

転職も副業も
まずは本業を頑張ってこそ
成り立ちます。

抜粋・略

会社から与えられた仕事だけをしていたら
本当にアルバイトと変わりません。

抜粋・略

トップ営業マンはみんな
「相手の視点に立って徹底的に物事を考える」
という姿勢を持っています。

常にお客さんのために
行動しているのです。

抜粋・略

デキる人を徹底的にマネて
自分のスキルに落とし込む。

他人の知見や経験を自分の血肉にして
成果に繋げる地道な基礎の積み重ねこそが
成果を出す近道であることを学んだ僕は
今でもこの姿勢を大切にしています。

抜粋・略

明日、潰れるかもしれない会社で
会社を潰さないために一生懸命努力できる人間。

そういうスタンスのある人間は
どんな会社でも活躍できる。

抜粋・略

会社というのは
自分が何かを学ぶためにある場所ではなく
お金を生み出し
世の中をよくするための仕組みです。

そしてどこでも活躍できる人とは
組織を成長させられる人です。

抜粋・略

能力の低い上司や
同僚に囲まれてだらだらと過ごす一日と
自分の能力を高めてくれる優秀な上司の下で
過ごす一日は密度が違います。

抜粋・略

安全は
企業に求めるのではなく
「自分の能力」に求めるべきです。

抜粋・略

副業を推進する風潮はおおいに賛成ですが
「ラクして稼げる」といった言葉に
踊らされるのは違います。

一生懸命に努力すれば
結果はついてくるものですが
誰でも簡単に稼げる手段はありません。

自分の努力があってこそ
お金になるのです。

抜粋・略

ダラダラと価値の低い内容を発信し続けるよりも
一球入魂で毎回、脳みそに汗をかいて
いいものを作ったほうが自分の資産になります。

抜粋・略

自分さえよければいい
という働き方をしているうちは
周りの協力を含め
本業も副業も大きくならない。

抜粋・略

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示
  • moto (戸塚俊介)『転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方』扶桑社(2019). Profile and Quote part.
  • ※参考文献・出典元が表記されていない名言や未分類に分類されている名言は詳細な参考文献・出典元がわかっていない記述となります。参考文献・出典元不明の記述に関しては現在調査を行っており、詳細がわかりしだい追記・分類を行っています。
  • ※地球の名言では、読者の方が読みやすく・わかりやすくするために当サイト独自の編集(略:省略/前略/中略/下略/大略,翻訳/意訳,要約等)を施している言葉があります。引用される場合はその点を留意し、読者の方に誤解のない表記をお願いします。