平井一夫のプロフィール

平井一夫(ひらい かずお/1960年12月22日-/男性)は、東京都杉並区出身の実業家。ソニーグループ株式会社シニアアドバイザーを務める人物。国際基督教大学教養学部社会科学科を卒業後、CBS・ソニーに入社。1994年にソニー・ミュージックエンタテインメントのニューヨークオフィスに出向。1996年にソニー・コンピュータエンタテインメントアメリカ(現・ソニー・インタラクティブエンタテインメントアメリカ)エグゼクティブ・バイス・プレジデントに就任、1999年に社長に就任。2006年にソニー・コンピュータエンタテインメント(現・ソニー・インタラクティブエンタテインメント)代表取締役社長に就任。2012年にはハワード・ストリンガーの後任として代表執行役社長兼CEOに就任。2018年に代表執行役社長兼CEOを退任し、会長に就任。2019年に会長を退任し、シニアアドバイザーとなる。

Created July 27, 2021

主な著書


著書一覧を表示

  • 『ソニー再生 変革を成し遂げた「異端のリーダーシップ」』日本経済新聞出版 (2021/7/13)

平井一夫の名言集

『1日でぜんぶ学べる 成功者の教えベストセラー100冊 (プレジデント2021年 8/13号) 』プレジデント社 (2021/7/21)より

経営者時代に私が
口を酸っぱくして言っていたのは
「Why should I care?」という言葉。
(なぜ私はその話を聞くべきなのか)

これに対する答えがある
プレゼンテーションを心がけてきました。

抜粋・略

最終的なゴールや目標は
経営陣が設定しますが
それに向けて何をするか考えて
実践するのは現場です。

彼らが自発性や主体性を発揮して
120%の力を出してくれるように
モチベーションを上げることが
社長としての重要な仕事の一つ。

抜粋・略

どんな状況であれ
深刻な表情は百害あって一利なし。

つらいときこそリーダーは
笑顔を心がけるべきです。

抜粋・略

間違いに気づいたら
「ごめん、左と言ったけど右だった。
すぐに右に進もう」と言えるのが
真のリーダーシップです。

ところが
なかなかこれができません。

誤りを認めると
リーダーとしての威厳が損なわれるとか
能力がないと思われるのではないかと
考えてしまいがちです。

しかし、威厳とかカリスマ性というものは
リーダーに必要ありません。

むしろそうやって
誠実な姿勢を示し続けることで
周囲も何とか
助けてあげようという気になります。

それゆえ、誤りを認められるリーダーのほうが
かえって信頼されるのです。

抜粋・略

「間違えた」と言って軌道修正するのは
勇気が要りますが
結局はそれが、社員やクライアントや
株主などのステークホルダーの損失を
最小限に抑える最善の方法です。

抜粋・略

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

心配するよりも、
成功させることに注力すべきです。

抜粋・略

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示
  • 『1日でぜんぶ学べる 成功者の教えベストセラー100冊 (プレジデント2021年 8/13号) 』プレジデント社 (2021/7/21). Profile and Quote part.
  • 平井一夫. フリー百科事典 Wikipedia. Retrieved 2021年7月14日 (水) 14:50, UTC. URL. Profile part.
  • ※参考文献・出典元が表記されていない名言や未分類に分類されている名言は詳細な参考文献・出典元がわかっていない記述となります。参考文献・出典元不明の記述に関しては現在調査を行っており、詳細がわかりしだい追記・分類を行っています。
  • ※地球の名言では、読者の方が読みやすく・わかりやすくするために当サイト独自の編集(略:省略/前略/中略/下略/大略,翻訳/意訳,要約等)を施している言葉があります。引用される場合はその点を留意し、読者の方に誤解のない表記をお願いします。