安野モヨコのプロフィール

安野モヨコ(あんの モヨコ/1971年3月26日-/女性)は、東京都出身の女性漫画家エッセイストであり、テレビドラマ化された「働きマン」や「ハッピーマニア」などの著者として知られる人物。夫は映画監督・アニメーター「庵野 秀明(あんの ひであき)」、叔父は漫画家の「小島
功(こじま こお)」。高校在学中の1989年に『別冊少女フレンドDXジュリエット』7月号に掲載された『まったくイカしたやつらだぜ!』で漫画家デビュー。アシスタントを経て1995年から『FEEL
YOUNG』で『ハッピー・マニア』(後にドラマ化)の連載を開始。その後も数多くの作品を手掛け、『シュガシュガルーン』(後にアニメ化)で第29回講談社漫画賞児童部門を受賞。2006年10月から『モーニング』で連載していた『働きマン』がアニメ化&ドラマ化され大ヒットとなり、『イブニング』で連載していた『さくらん』は実写映画化もされている。

Created August 8, 2021

主な作品


作品一覧を表示

  • 『監督不行届』祥伝社
  • 『鼻下長紳士回顧録』コルク
  • 『安野モヨコ ANNORMAL』小学館
  • 『安野モヨコ STRIP!』小学館
  • 『脂肪と言う名の服を着て』祥伝社
  • 『さくらん』講談社
  • 『バッファロー5人娘』コルク
  • 『食べ物連載 くいいじ』文藝春秋
  • 『ハッピー・マニア』祥伝社
  • 『ラブ・マスターX』講談社
  • 『女心についての十篇 – 耳瓔珞』中央公論新社
  • 『働きマン』講談社
  • 『オチビサン』コルク

安野モヨコの名言集

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

辛くてリタイアしたとしても、
リタリアしてしまったことにさいなまれる。
だから描き続けた。

抜粋・略

フリーになって、
覚悟が出来た。

何を描きたいとか、
私がこれを表現したいっていうか、
「生きる」「生き抜く」「生活費を稼ぐ」
ことに必死だった。

抜粋・略

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示
  • 安野モヨコ. フリー百科事典 Wikipedia. Retrieved 2021年7月25日 (日) 11:37, UTC. URL. Profile part.
  • ※参考文献・出典元が表記されていない名言や未分類に分類されている名言は詳細な参考文献・出典元がわかっていない記述となります。参考文献・出典元不明の記述に関しては現在調査を行っており、詳細がわかりしだい追記・分類を行っています。
  • ※地球の名言では、読者の方が読みやすく・わかりやすくするために当サイト独自の編集(略:省略/前略/中略/下略/大略,翻訳/意訳,要約等)を施している言葉があります。引用される場合はその点を留意し、読者の方に誤解のない表記をお願いします。