Created September 11, 2021

西村博之(ひろゆき)の名言集 Vol.7

『論破力』朝日新聞出版 (2018/10/12)より

論破力は諸刃の剣だということを
まずは知っておいて欲しいと思います。

夫婦ゲンカで相手を論破しても
いいことなんてまったくないでしょう。

抜粋・略

「ドラクエ、すげえ好き」と言っている人に対して
なぜドラクエは面白くないかをいくら説明しても
その人のドラクエが好きなのは変わらないでしょう。

要は主観には答えがないので
本質的には説得が不可能ということ。

なので主観が交じる議論というのは
「やるだけ無駄」度が高いわけです。

抜粋・略

相手を説得するとき
議論の体になっている時点で
実は下手くそなのですよ。

要は自分の思い通りに相手に考えさせて
相手があたかも自分で思いついたかのように
するのが一番うまいわけじゃないですか。

抜粋・略

言葉というのは人によって解釈が違うので
その人の中にきっと
自分なりの定義があるのですよ。

抜粋・略

日常は学会ではないので
真実を追求してもしょうがないと思うのですよ。

なのでその会社にいる目的が
「給料をもらう」なのか
「出世する」なのかわかりませんが
自分の目的に沿った言動を
していればいいだけな気がします。

抜粋・略

「宇宙はどうやって始まったのか」とか
「人類はなぜ生まれたのか」とか
子供の頃に誰もが思うような疑問でも
いまのところ誰も答えを出していません。

ということはそもそも人間が
世の中の森羅万象を知っているはずがない。
ということをやっぱり大前提にしたほうが
いいと思うわけです。

抜粋・略

自分ひとりで調べて考えて立てた仮説には
やっぱり知らない材料だってあるし
きっと穴があるはずです。

なので人に聞いて確認作業を繰り返す。
そうしないとその穴を埋めることは
ほとんど不可能でしょう。

抜粋・略

阿部牧歌(管理人)のおすすめ名言&のほほんコラム

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日は実業家の西村博之(ひろゆき)さんの著書
『論破力』(朝日新聞出版)を特集させていただきました。
私が西村博之(ひろゆき)さんの言葉で一番心に響いたのが↓こちら↓

要は主観には答えがない。

抜粋・略

その人が「可愛い」と言えば
それはもうその人にとっては「可愛い」なので
我々が口を出すべきことではない。

ひろゆきさんは主観は説得できない
と説いておられますが
逆をいうと「相手の主観を尊重する」
ということではないでしょうか。

我々が誰かと話をするとき、議論をするとき
大事なのは相手の主観を否定しないということ。
それは自分が入ってよい領域ではないし、
自分の主観も相手に合わせて変える必要はありません。

誰かと話をするときは
「相手の主観を尊重し否定しない」
ということを意識していれば
建設的な話ができるのではないでしょうか。

ではまた(●´ω`●)

「地球の名言」管理人 阿部牧歌

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示
  • 西村博之(ひろゆき)『論破力』朝日新聞出版 (2018/10/12). Profile and Quote part.
  • ※参考文献・出典元が表記されていない名言や未分類に分類されている名言は詳細な参考文献・出典元がわかっていない記述となります。参考文献・出典元不明の記述に関しては現在調査を行っており、詳細がわかりしだい追記・分類を行っています。
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。