北康利のプロフィール

北康利(きた やすとし/1960年12月24日-/男性)は、愛知県名古屋市出身の作家、元銀行員。西郷隆盛、福澤諭吉、吉田茂など、偉人の評伝を多く執筆している人物であり、100年経営の会顧問、日本将棋連盟アドバイザーなどを務めている。東京大学法学部を卒業後、富士銀行に入行。富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長、業務企画部長等を経て、2008年、みずほ証券を退職。本格的に文筆業に入る。

Created September 28, 2021

主な著書


著書一覧を表示

  • 『乃公出でずんば 渋沢栄一伝』KADOKAWA (2021/2/2)
  • 『思い邪なし 京セラ創業者稲盛和夫』毎日新聞出版 (2019/4/20)
  • 『白洲次郎 占領を背負った男』講談社 (2008/12/12)
  • 『銀行王 安田善次郎: 陰徳を積む』新潮社 (2013/5/27)
  • 『安奈淳物語 私は歌う、命ある限り』PHP研究所 (2010/5/29)
  • 『福沢諭吉 国を支えて国を頼らず』講談社 (2010/2/13)
  • 『小林一三 時代の十歩先が見えた男』PHP研究所 (2014/5/27)
  • 『吉田茂の見た夢 独立心なくして国家なし』扶桑社 (2010/5/22)
  • 『胆斗の人 太田垣士郎 黒四(クロヨン)で龍になった男』文藝春秋 (2018/9/25)
  • 『松下幸之助 経営の神様とよばれた男』PHP研究所 (2014/5/2)
  • 『吉田茂 ポピュリズムに背を向けて』講談社 (2012/11/15)
  • 『叛骨の宰相 岸信介』KADOKAWA (2016/6/1)
  • 『命もいらず 名もいらず 西郷隆盛』ワック (2017/11/18)
  • 『佐治敬三と開高健 最強のふたり』講談社 (2017/10/20)
  • 『同行二人松下幸之助と歩む旅』PHP研究所 (2008/3/25)
  • 『日本を創った男たち ─ はじめにまず“志”ありき ─』致知出版社 (2012/3/8)
  • 『白洲次郎・正子 珠玉の言葉』講談社 (2009/9/15)

北康利の名言集

『脱ダラダラ大全「24時間」最強の使い方 (プレジデント2021年 10/1号)』プレジデント社 (2021/9/10)より

ピンチはチャンス。
下を向いている場合ではないのだ。

抜粋・略

コロナは我々に
人生や仕事が本来
どうあるべきなのかを考え直す
いい機会を与えてくれている。

なくてはならないもの、
なくてもいいものも
これではっきりしてくるに違いない。

抜粋・略

阿部牧歌(管理人)のおすすめ名言&のほほんコラム

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日は元銀行員で作家の北康利さんの
名言を特集させていただきました。
私が北康利さんの言葉で一番心に響いたのが↓こちら↓

ピンチはチャンス。
下を向いている場合ではないのだ。

抜粋・略

ピンチはチャンスとよくいいますが
私が好きなのはそれに続く
「下を向いている
場合ではないのだ」の方です。

ピンチだろうがチャンスだろうが
自分に選べる選択肢の中から
最善と思うものを
チョイスして実行するまで。

ピンチのときには
ピンチのときの選択肢があるだろうし

チャンスのときには
チャンスの選択肢がある。

我々にできるのは目の前にある選択肢から
最善と思うものを選択するのみ。

まさに「下を向いている
場合ではないのだ」です。

下を向いてる暇があるなら
さっさと行動する。

尾木ママはこうも言っています。

笑えた瞬間
ピンチは過程に変わります。

抜粋・略

ではまた(●´ω`●)

「地球の名言」管理人 阿部牧歌

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示
  • 『脱ダラダラ大全「24時間」最強の使い方 (プレジデント2021年 10/1号)』プレジデント社 (2021/9/10). Profile and Quote part.
  • 北康利. フリー百科事典 Wikipedia. Retrieved 2021年8月11日 (水) 18:38, UTC. URL. Profile part.
  • ※参考文献・出典元が表記されていない名言や未分類に分類されている名言は詳細な参考文献・出典元がわかっていない記述となります。参考文献・出典元不明の記述に関しては現在調査を行っており、詳細がわかりしだい追記・分類を行っています。
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。