杉本俊介のプロフィール

杉本俊介(すぎもと しゅんすけ/男性)は、慶應義塾大学商学部准教授や京都大学大学院文学研究科応用哲学・倫理学教育研究センター研究員、立命館大学間文化現象学研究センター客員研究員などを務める人物。東京都出身。早稲田大学第一文学部(哲学専修)卒業、名古屋大学大学院情報科学研究科を経て、京都大学より博士(文学)を取得。専門は倫理学。

Created November 18, 2021

主な著書


著書一覧を表示

  • 『なぜ道徳的であるべきか: Why be moral? 問題の再検討 (大阪経済大学研究叢書 第 92冊) 』勁草書房 (2021/2/18)

杉本俊介の名言集

『楽しい哲学入門 (プレジデント2021年 10/29号)』プレジデント社 (2021/10/8)より

倫理は一人一人が
生きてきた経験のもとに育まれた
その人の人生の価値観です。

抜粋・略

「べきはできるを含意する」
つまり、できないものに関しては
そうすべきだとは言えない。

私たちは空を飛べませんから
空を飛ぶべきだとは言えません。

何かすべきだということは
できるものでなければなりません。

抜粋・略

後悔というのは
人生において大事な要素であって
悪いことではない。

まったく後悔しない人生など
逆に単調すぎてつまらない。

抜粋・略

活動には目的があるものと
ないものがあって
目的のある活動は
目的がなくなれば消える。

だから人生を豊かにするのは
目的がない活動です。

抜粋・略

阿部牧歌(管理人)のおすすめ名言&のほほんコラム

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日は慶應義塾大学商学部准教授の
杉本俊介さんの名言を特集させていただきました。
私が杉本俊介さんの言葉で一番心に響いたのが↓こちら↓

何かすべきだということは
できるものでなければなりません。

抜粋・略

我々が持っている
「~するべき」というのは
よく価値観や信念に
置き換えられたりしますが

時に我々は
他人に対して不可能な
「~するべき」を押しつけがちです。

特に怒りに関しては
自身がもつこの「~するべき」という
価値観が犯されたときに
生まれるとされているのですが

「~するべき」は
相手が行動可能な範囲に収めるべき
ではないでしょうか。

コミュニケーションにおける摩擦も
往々にしてこの「~するべき」の
ぶつかりあいだったりするので

互いの価値観を尊重しつつ
相手の行動可能な範囲に
自身の「~するべき」を収める
これが互いを尊重することに
繋がると思うのです。

ではまた(●´ω`●)

「地球の名言」管理人 阿部牧歌

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示
  • 『楽しい哲学入門 (プレジデント2021年 10/29号)』プレジデント社 (2021/10/8). Profile and Quote part.
  • ※参考文献・出典元が表記されていない名言や未分類に分類されている名言は詳細な参考文献・出典元がわかっていない記述となります。参考文献・出典元不明の記述に関しては現在調査を行っており、詳細がわかりしだい追記・分類を行っています。
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。