池上彰のプロフィール

池上彰(いけがみ あきら/1950年8月9日-/男性)は、長野県生まれ・東京都育ちのジャーナリスト大学教授作家コメンテーターニュースキャスター。1973年に日本放送協会(NHK)に記者として入局。1989年から『ニュースセンター845』のキャスター、1991年から『イブニングネットワーク』のキャスターを務めた他、1994年から『週刊こどもニュース』に、ニュースに詳しい「お父さん」役として出演。2005年にNHKを退職し、フリーランスのジャーナリストに転身。フリージャーナリストとして幅広い活動を行い、日本テレビ「世界一受けたい授業」やテレビ朝日「学べる!!ニュースショー!」などでの分かり易いニュース解説とていねいな語り口が好評を得て、幅広い世代から支持を集めている。名城大学教授、東京工業大学特命教授、東京大学定量生命科学研究所客員教授、日本大学文理学部客員教授、立教大学客員教授、信州大学・愛知学院大学経済学部特任教授、学校法人瓜生山学園京都芸術大学客員教授、特定非営利活動法人日本ニュース時事能力検定協会理事、毎日新聞「開かれた新聞」委員会委員などを歴任。

Created December 5, 2021

主な著書


著書一覧を表示

  • 『これが日本の正体! ~池上彰への42の質問』大和書房 (2021/10/23)
  • 『知らないと恥をかく世界の大問題12 世界のリーダー、決断の行方』KADOKAWA (2021/7/9)
  • 『池上彰の世界の見方 中国: 巨龍に振り回される世界』小学館 (2021/9/30)
  • 『なぜ僕らは働くのか-君が幸せになるために考えてほしい大切なこと』学研プラス (2020/3/19)
  • 『池上彰の世界の見方 中東: 混迷の本当の理由』小学館 (2017/8/1)
  • 『20歳の自分に教えたいお金のきほん』SBクリエイティブ (2022/1/6)
  • 『イラスト図解 社会人として必要な経済と政治のことが5時間でざっと学べる』KADOKAWA (2018/6/22)
  • 『なぜ世界を知るべきなのか』小学館 (2021/7/12)
  • 『世界がぐっと近くなるSDGsとボクらをつなぐ本 ハンディ版』学研プラス (2021/11/11)
  • 『世界を変えた10冊の本』文藝春秋 (2014/2/7)
  • 『子どもに聞かれてきちんと答えられる 池上彰のいつものニュースがすごくよくわかる本』KADOKAWA (2018/12/20)
  • 『日本の戦後を知るための12人 池上彰の〈夜間授業〉』文藝春秋 (2019/11/13)
  • 『知らないと損する 池上彰のお金の学校』朝日新聞出版 (2011/10/13)
  • 『池上彰の世界の見方 朝鮮半島: 日本はどう付き合うべきか』小学館 (2018/4/16)
  • 『池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」』集英社 (2019/5/17)
  • 『池上彰の世界の見方 東南アジア: ASEANの国々』小学館 (2019/4/22)
  • 『14歳からの政治入門』マガジンハウス (2019/6/28)
  • 『社会に出るあなたに伝えたい なぜ、読解力が必要なのか?』講談社 (2020/11/20)
  • 『真説 日本左翼史 戦後左派の源流 1945-1960』講談社 (2021/6/16)
  • 『なんのために学ぶのか』SBクリエイティブ (2020/3/6)
  • 『この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう 池上彰教授の東工大講義』文藝春秋 (2012/11/15)
  • 『おとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか?』NHK出版 (2014/4/9)
  • 『今を生き抜くための 池上式ファクト46』文藝春秋 (2021/3/24)
  • 『池上彰と考える 「死」とは何だろう』KADOKAWA (2021/3/2)
  • 『これが「日本の民主主義」!』集英社 (2021/2/19)
  • 『イラスト図解 社会人として必要な世界の宗教のことが3時間でざっと学べる』KADOKAWA (2019/6/21)
  • 『池上彰の講義の時間 高校生からわかるイスラム世界』集英社 (2017/10/20)
  • 『伝える力』PHP研究所 (2007/4/19)
  • 『政界版 悪魔の辞典』KADOKAWA (2019/7/12)
  • 『池上彰の知らないと恥をかく世界の大問題42 イラスト図解版』角川マガジンズ(角川グループパブリッシング) (2012/7/1)
  • 『池上彰の世界の見方: 15歳に語る現代世界の最前線』小学館 (2015/11/6)
  • 『「独裁者」の時代を生き抜く27のヒント』文藝春秋 (2021/9/1)
  • 『学校では教えない「社会人のための現代史」 池上彰教授の東工大講義 国際篇』文藝春秋 (2015/11/10)
  • 『知らないではすまされない自衛隊の本当の実力』SBクリエイティブ (2018/2/5)
  • 『池上彰のやさしい経済学 (1) しくみがわかる』日本経済新聞出版 (2013/11/2)
  • 『池上彰と考える仏教って何ですか?』飛鳥新社; 文庫版 (2014/10/9)
  • 『池上彰の 君と考える戦争のない未来 (世界をカエル10代からの羅針盤)』理論社 (2021/5/20)
  • 『スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 ミクロ編』かんき出版 (2013/2/21)
  • 『会社のことよくわからないまま社会人になった人へ』海竜社; 第3版 (2019/2/4)
  • 『とがったリーダーを育てる-東工大「リベラルアーツ教育」10年の軌跡』中央公論新社 (2021/8/6)
  • 『池上彰の講義の時間 高校生からわかる原子力』集英社 (2017/12/14)

池上彰の名言集

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

お金がたくさんあって、
南の島のリゾートで一生遊んで暮らしていいよ
って言われても意外と出来るもんじゃない。

それは、人間というのが、
「社会的な動物」だからなんです。

自分が社会の中で何か役立っているなとか、
社会の中に自分の居場所があるな
ということを認識できて、
初めて生きがいを感じる事が
出来るからなんですね。

社会における自分の価値や存在を認識する、
その作業が「働く」ということなんですよ。

抜粋・略

たとえば老舗と呼ばれる会社は、
世の中にとって必要な、
みんなが喜ぶような商品やサービスを
提供し続けてきたからこそ老舗になれたんです。

儲かっている会社も、基本的に同じ理屈で、
社会に必要とされていると考えられるでしょう。

一方で、サービスが提供できなくなったり、
社会的にまちがった儲け方をしていた会社は、
これまで自然と淘汰されてきました。

発想としては、
世の中のためになる仕事をしていれば、
会社として継続的に
成り立っていくものなんですよ。

抜粋・略

ヘーゲルというドイツ人哲学者の言葉に
「存在するものは合理的である」
という言葉があります。

存在するからには、必ず何か理由があって
存在しているということですね。

それが、たとえ直接的に見えなくても、
社会に存在しているという事実が、

社会の役に立っている、
あるいは誰かに喜んでもらえている、
ということの証なんですね。

抜粋・略

とにかくやらなければ、
何も始まらない。
やってみるしかない。

結果は、やってみた後に、
考えればいい。

抜粋・略

自分が賛成するような意見だけではなくて、
自分が読んでいて不愉快な意見とか、
自分の考え方とは違う意見にも接してみる。

そこで初めて、
自分なりの考え方ができてくる。

抜粋・略

関連本をとにかくありったけ買う。
それを片っ端から読んでいくと、
原典というか、
本当にしっかりした
「教科書的な本」に出会うんです。

抜粋・略

建前を中心に話をせざるを得ない場合は、
本音を少し差し挟んで話すと、
好感度は往々にしてあがります。

抜粋・略

阿部牧歌(管理人)のおすすめ名言&のほほんコラム

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日はジャーナリストの池上彰さんの名言を
特集させていただきました。
私が池上彰さんの言葉で一番心に響いたのが↓こちら↓

ヘーゲルというドイツ人哲学者の言葉に
「存在するものは合理的である」
という言葉があります。

存在するからには、必ず何か理由があって
存在しているということですね。

それが、たとえ直接的に見えなくても、
社会に存在しているという事実が、

社会の役に立っている、
あるいは誰かに喜んでもらえている、
ということの証なんですね。

抜粋・略

社会に必要のないものは
いずれ淘汰される。

社会にとって必要なものだけが
この世に残る。

目先の利益についつい
目をやりがちですが
我々が本来追求しなければいけないのは
「社会の役に立つか」のこの一点だけ。

迷ったら「社会の役に立つか」
だけを考えればいい。
社会の役に立たない方法で
利益を得ていたら
その事業はいずれ淘汰される。

「存在するものは合理的である」
という言葉はそんな教訓を
教えてくれる気がするのです。

ではまた(●´ω`●)

「地球の名言」管理人 阿部牧歌

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示
  • 池上彰. フリー百科事典 Wikipedia. Retrieved 2021年11月11日 (木) 22:38, UTC. URL. Profile part.
  • ※参考文献・出典元が表記されていない名言や未分類に分類されている名言は詳細な参考文献・出典元がわかっていない記述となります。参考文献・出典元不明の記述に関しては現在調査を行っており、詳細がわかりしだい追記・分類を行っています。
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。