三浦崇宏のプロフィール

三浦崇宏(みうら たかひろ/1983年9月16日-/男性)は、株式会社GOの代表を務めるPRプランナークリエイティブディレクター。早稲田大学第一文学部卒業。2007年博報堂に入社。2011年、TBWA\HAKUHODOに出向。マーケティング、PR、クリエイティブ部門を歴任。数々の有名な広告やキャンペーンを手掛けた後、2017年に福本龍馬とともに株式会社GO(通称The
Breakthrough Company GO)を設立。代表に就任。2020年にベンチャーキャピタル「GO FUND」の設立を発表。

Created December 6, 2021

主な著書


著書一覧を表示

  • 『言語化力 言葉にできれば人生は変わる』SBクリエイティブ (2020/1/21)
  • 『超クリエイティブ 「発想」×「実装」で現実を動かす』文藝春秋 (2020/10/29)
  • 『人脈なんてクソだ。 変化の時代の生存戦略』ダイヤモンド社 (2020/4/2)
  • 『「何者」かになりたい 自分のストーリーを生きる』集英社 (2021/4/5)

三浦崇宏の名言集

『世界最強企業の美しい資料術 (プレジデント2021年 11/12号)』プレジデント社 (2021/10/22)より

資料は本質的な目的ではなく
あくまで些末な手段なんだってことを
理解してないといけない。

そうすれば見栄えの完成度にこだわるのは
本当にダサいことだとわかる。

抜粋・略

気をつけないといけないのは
「ハイコンテクト・ローコンテンツ
ローコンテクスト・ハイコンテンツ」
の法則。

これは提案に対する理解が深い人には
言葉を絞って簡潔に説明して
理解が浅い人には
詳しく丁寧に説明するということ。

抜粋・略

カッコいいけど
よく意味がわからない
慣用句みたいな言葉は
借り物の言葉。

本当にその人の頭で考えて
つくり上げた言葉じゃない。

抜粋・略

クライアントが求めているのは「解決策」で
社内に必要なのは「熱量」。

抜粋・略

阿部牧歌(管理人)のおすすめ名言&のほほんコラム

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日は株式会社GOの代表を務めるPRプランナー
三浦崇宏さんの名言を特集させていただきました。
私が三浦崇宏さんの言葉で一番心に響いたのが↓こちら↓

カッコいいけど
よく意味がわからない
慣用句みたいな言葉は
借り物の言葉。

本当にその人の頭で考えて
つくり上げた言葉じゃない。

抜粋・略

カッコいいビジネス用語って
みんな使いたがるんですよね。

私も使います(笑)

「コンバーション率低くないですか?」とか
「パレートの法則意識したらどうですか?」とか
「トレードオフの意識が低くないですか?」とか
気づいたら使っちゃうんですよね。

三浦崇宏さんの言葉を聞いて
「ガツン」ときました。

そういう言葉って
自分の頭で考えて
作り上げた概念じゃないんですよね。

どっかの頭のいい人が作ってくれた
言葉や概念を借りてるだけ。

なのでつつかれると
すぐにボロが出る。

三浦崇宏さんがおっしゃる
「ハイコンテクト・ローコンテンツ
ローコンテクスト・ハイコンテンツ」
の法則にのっとって

伝える人に合わせた理解度の言葉を
チョイスしていけてるビジネスマンに
なりたいものです(笑)

ではまた(●´ω`●)

「地球の名言」管理人 阿部牧歌

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示
  • 『世界最強企業の美しい資料術 (プレジデント2021年 11/12号)』プレジデント社 (2021/10/22). Profile and Quote part.
  • 三浦崇宏. フリー百科事典 Wikipedia. Retrieved 2021年12月4日 (土) 06:51, UTC. URL. Profile part.
  • ※参考文献・出典元が表記されていない名言や未分類に分類されている名言は詳細な参考文献・出典元がわかっていない記述となります。参考文献・出典元不明の記述に関しては現在調査を行っており、詳細がわかりしだい追記・分類を行っています。
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。