光石研のプロフィール

光石研(みついし けん/1961年9月26日-/男性)は、福岡県出身の俳優。淡々とした物言いと独特の笑顔で知られ、幅広い役柄をこなす名脇役として活躍する人物。16才の時に映画「博多っ子純情」のエキストラ・オーディションで主役に抜擢され、同映画で俳優デビュー。
1998年にテレンス・マリック監督の映画『シン・レッド・ライン』のオーディションに合格しハリウッドデビュー。2011年に『あぜ道のダンディ』でデビュー以来33年ぶりに映画主演を務める。2019年に『デザイナー
渋井直人の休日』で俳優生活40年にして初の連続ドラマ単独主演を務める。

Created December 14, 2021

主な出演作品


作品を表示

  • 『やがて海へと届く』
  • 『浜の朝日の嘘つきどもと』
  • 『バイプレイヤーズ 〜もしも100人の名脇役が映画を作ったら〜』
  • 『青くて痛くて脆い』
  • 『悪と仮面のルール』
  • 『南瓜とマヨネーズ』
  • 『彼女の人生は間違いじゃない』
  • 『シン・ゴジラ』
  • 『アウトレイジ シリーズ』
  • 『あぜ道のダンディ』
  • 『猿ロック THE MOVIE』
  • 『カイジ 人生逆転ゲーム』
  • 『20世紀少年 映画シリーズ』
  • 『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』
  • 『それでもボクはやってない』
  • 『ホワイトアウト』
  • 『シン・レッド・ライン』
  • 『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』
  • 『セーラー服と機関銃』
  • 『男はつらいよシリーズ』
  • 『博多っ子純情』

光石研の名言集

『世界最強企業の美しい資料術 (プレジデント2021年 11/12号)』プレジデント社 (2021/10/22)より

僕らの仕事は
世の中が平和で
皆さんの余裕があって初めて
見てもらえる。

いつ呼ばれてもいいように準備する。
僕にできることは
本当にそれだけだと思っています。

抜粋・略

「会社の歯車になりたくない」
なんて言う人がいるじゃないですか。

でも歯車になれることって
とても素晴らしいと思うんですよ。

その仕事に参加できない人もいる中で
メンバーの一員として
声をかけてもらえるだけで
本当にありがたいことですから。

抜粋・略

主役でも
脇役でも関係なく

これからも僕は
映画の歯車になり続けたい
と思っています。

抜粋・略

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

飲んで酔い潰れたっていいし、
おやじギャグを連発したっていい。

とにかくまじめに、
懸命に生きている人こそ、
ダンディーだと思います。

抜粋・略

お陰さまで最近はどこの現場へ行っても、
たいてい顔見知りの方がいるので
心強いですね。

何も言わなくても、
僕のサイズに合った靴が、
用意されていたりすると
本当にうれしい。

監督や共演者だけでなく、
裏で支えてくれているスタッフなど、
多くの人との出会いは、
僕にとって大切な宝です。

抜粋・略

阿部牧歌(管理人)のおすすめ名言&のほほんコラム

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日は俳優の光石研さんの名言を
特集させていただきました。

私が光石研さんの言葉で
一番心に響いたのが↓こちら↓

「会社の歯車になりたくない」
なんて言う人がいるじゃないですか。

でも歯車になれることって
とても素晴らしいと思うんですよ。

その仕事に参加できない人もいる中で
メンバーの一員として
声をかけてもらえるだけで
本当にありがたいことですから。

抜粋・略

「会社の歯車になりたくない」
とはよく聞く言葉ですが

光石研さん曰く
「歯車になれることって
とても素晴らしい」。

歯車になるってことは
会社の、ひいては社会の一部分を
担っているということですから

歯車になれることっていうのは
本当は誇っていいことなんですよね。

社会人として働くということは
歯車として社会の一部分を担当すること。

あなたはどんな歯車を担当していますか?
誇りをもってぐるぐる回していきましょう。

ではまた(●´ω`●)

「地球の名言」管理人 阿部牧歌

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示
  • 『世界最強企業の美しい資料術 (プレジデント2021年 11/12号)』プレジデント社 (2021/10/22). Profile and Quote part.
  • 光石研. フリー百科事典 Wikipedia. Retrieved 2021年12月13日 (月) 00:47, UTC. URL. Profile part.
  • ※参考文献・出典元が表記されていない名言や未分類に分類されている名言は詳細な参考文献・出典元がわかっていない記述となります。参考文献・出典元不明の記述に関しては現在調査を行っており、詳細がわかりしだい追記・分類を行っています。
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。