石橋貴明のプロフィール

石橋貴明(いしばし たかあき/1961年10月22日-/男性)は、東京都出身のお笑いタレント司会者俳優。お笑いコンビ『とんねるず』のリーダーとして知られる人物であり、相方は「木梨 憲武(きなし のりたけ)」。愛称は「タカさん」など。高校生の時に同級生であった木梨憲武と「貴明&憲武」を結成し、所ジョージ司会の『ドバドバ大爆弾』や『お笑いスター誕生』などの素人参加番組に出演。高校卒業後に「ホテル
センチュリーハイアット東京」に就職するものの、素人参加番組に挑戦を続け、就職から約4か月後に同職を辞め、木梨と「とんねるず」を結成してプロデビュー。2、3年の下積みの日々を経た1985年頃から売れはじめ、「オールナイトフジ」や「夕やけニャンニャン」の出演などで若者から高い支持を集めるようになる。1980年代後半から担当したレギュラー番組が次々に人気番組になったことから、社会現象を巻き起こすほどの影響力を持つようになり、国民的な人気を誇るお笑いコンビとして広く知られるようになる。2020年にYouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」開設。同年にYouTubeのチャンネル登録者数が100万人を突破。

Created December 21, 2021

主なテレビ番組(メイン・司会等)


作品一覧を表示

  • 『ザ・ヒットステージ』
  • 『夕やけニャンニャン』
  • 『オールナイトフジ』
  • 『とんねるずのみなさんのおかげです』
  • 『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』
  • 『ねる様の踏み絵』
  • 『ハンマープライス』
  • 『Grade-A』
  • 『JAPAN BOYS』
  • 『とんねるずのカバチ』
  • 『ねるとん紅鯨団』
  • 『とんねるずの本汁でしょう!!』
  • 『爆笑!!ドットスタジオ』
  • 『コムサ・DE・とんねるず』
  • 『アップルシティ500』
  • 『うたばん』

石橋貴明の名言集

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

頑張ってるとね、
きっとご褒美があるんですよ。
ちゃーんとね。

抜粋・略

下積みはつらくなかった。
だって好きなことだから。

抜粋・略

いつもポケットは、
夢でパンパンでした。

抜粋・略

世に出てくる人って、
やっぱりって思うことは
とても多いんです。

彼らは「なるほど」
ということをちゃんとやってる。
考えもつかないような努力をしてる。

やってねぇヤツに限って、
不平不満を言うんですよ。
「こんな仕事、やってられない」。
これでは何も手に入らない。

抜粋・略

10年後がイメージできれば、
今やるべきことが見えてくる。

抜粋・略

芸能界の仕事は
一年一年が勝負なんです。

今年頑張らないと、
もう来年はないといつも思ってる。

抜粋・略

阿部牧歌(管理人)のおすすめ名言&のほほんコラム

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日はお笑いタレントの石橋貴明さんの名言を
特集させていただきました。

私が石橋貴明さんの言葉で
一番心に響いたのが↓こちら↓

頑張ってるとね、
きっとご褒美があるんですよ。
ちゃーんとね。

抜粋・略

行動すれば
必ず何かしらの結果は出る。

大事なのは
自分が正しいと思う行動を
続けること。

「インド独立の父」として知られる
マハトマ・ガンジーはこんな言葉を
残されています。

行為が実を結ぶかどうかは、
自分でどうにかできるものではなく
生きているうちにわかるとも限らない。

だが、正しいと信じることを
行いなさい。

結果がどう出るにせよ、
何もしなければ何の結果もないのだ。

抜粋・略

結果自体はコントロール
できるものではありませんが
行動するかしないかは自分で決められる。

自分のコントロールできるものに集中して
あとは天に任せる。

我々にできるのは
自分が正しいと信じることを行うことだけ。

それがきっと結果という形で返ってくる。
石橋貴明さん流に言うと
「きっとご褒美がある
ちゃーんとね。」

ではまた(●´ω`●)

「地球の名言」管理人 阿部牧歌

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示
  • 石橋貴明. フリー百科事典 Wikipedia. Retrieved 2021年12月18日 (土) 10:00, UTC. URL. Profile part.
  • ※参考文献・出典元が表記されていない名言や未分類に分類されている名言は詳細な参考文献・出典元がわかっていない記述となります。参考文献・出典元不明の記述に関しては現在調査を行っており、詳細がわかりしだい追記・分類を行っています。
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。