レジェンド松下のプロフィール

レジェンド松下(レジェンドまつした/1979年8月3日-/男性)は、神奈川県横浜市栄区出身の実演販売士。本名は松下 周平(まつした しゅうへい)。曾祖父は内科学者・医学博士の熊谷 岱蔵(くまがい たいぞう)。法政大学経済学部経済学科を卒業後、実演販売を始める。一日の最高売り上げは2億円。店頭実演販売のほか、テレビ通販やバラエティ番組と様々な分野で活躍している。コパ・コーポレーション取締役。

Created December 26, 2021

主な著書


著書一覧を表示

  • 『レジェンド松下がホントに使える キッチン・掃除グッズを50個、集めました!― 一日1億円売った、若手ナンバーワン実演販売士』主婦の友社 (2013/12/12)
  • 『人の心をつかむ極意』辰巳出版 (2019/11/5)
  • 『話し方より大切な「場の空気」の説得術』KADOKAWA/角川書店 (2015/6/17)

レジェンド松下の名言集

『悪口を言う人はなぜ、悪口を言うか?(プレジデント2021年 10/15号)』プレジデント社 (2021/9/24)より

ポイントは全員に
買わせようと思わないこと。

売るときに大切なのは
買う必然性があるお客さんを
逃さないことなのです。

抜粋・略

思わず買いたくなってしまう商品には
共通点があります。

それはすでに売れているモノの
代わりになるものです。

抜粋・略

ヒット商品は画期的である
と思われがちですが
誰も見たことがない商品を
ヒットさせることは至難の業。

むしろ、すでにヒットしている商品を
改良したものが売れるのです。

抜粋・略

阿部牧歌(管理人)のおすすめ名言&のほほんコラム

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日は実演販売士のレジェンド松下さんの名言を
特集させていただきました。

私がレジェンド松下さんの言葉で
一番心に響いたのが↓こちら↓

ポイントは全員に
買わせようと思わないこと。

売るときに大切なのは
買う必然性があるお客さんを
逃さないことなのです。

抜粋・略

レジェンド松下さんは
「買う必然性があるお客さん」
という言葉を使ってらっしゃいますが

つまり、お客さんのためになるものを売る
ということに尽きるのではないでしょうか。

「経営の神様」とも称される
松下幸之助さんは
こんな言葉を残されています。

無理に売るな。
客の好むものも売るな。
客のためになるものを売れ。

抜粋・略

商売とは結局、
客のためになる商品を売ること。

無理に売る必要はなく、
それを必要としているお客さんに
必要なものを提供すること。

商売に携わる人なら
胸に刻んでおきたい言葉です。

ではまた(●´ω`●)

「地球の名言」管理人 阿部牧歌

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示
  • 『悪口を言う人はなぜ、悪口を言うか?(プレジデント2021年 10/15号)』プレジデント社 (2021/9/24). Profile and Quote part.
  • レジェンド松下. フリー百科事典 Wikipedia. Retrieved 2021年12月2日 (木) 03:34, UTC. URL. Profile part.
  • ※参考文献・出典元が表記されていない名言や未分類に分類されている名言は詳細な参考文献・出典元がわかっていない記述となります。参考文献・出典元不明の記述に関しては現在調査を行っており、詳細がわかりしだい追記・分類を行っています。
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。