ロマン・ガリーのプロフィール

ロマン・ガリー(Romain Gary/1914年5月8日–1980年12月2日/男性)は、フランスの小説家、映画監督、外交官。ロシア帝国ヴィリナ(後のポーランド・ヴィルノ→リトアニア・ヴィルニュス)出身。14歳の時に母とフランスへ移り、フランスに帰化。第二次世界大戦後はフランス外務省に勤務し、大使館参事官(ブルガリア、スイス、アメリカ)や駐在領事(ロサンゼルス)を歴任。小説家としても活躍し、2度のゴンクール賞を受賞(ロマン・ガリー名義&エミール・アジャール名義)。また『ペルーの鳥』の監督なども務め、映画監督としての一面も見せた。

Created February 1, 2017

主な作品

  • 『白い嘘』(A European Education)
  • 『天国の根』(The Roots of Heaven)
  • 『白い犬』(White Dog)
  • 『これからの一生』(The Life Before Us)

ロマン・ガリーの名言集

『AZ Quote』より

誰かが狂った行動をしてくれるおかげで
私たちは「自分が正常である」と認識しているに過ぎない。

「地球の名言」オリジナル意訳・要約

まだ墓に入っていないのに
死んだように生きている人のなんと多きことか。

「地球の名言」オリジナル意訳・要約

未分類

我々は常に自分の限界を知らなければならない。
それは諦めるためではなく
万全な状態で限界に挑むためである。

「地球の名言」オリジナル意訳・要約

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示