町田そのこのプロフィール

町田そのこ(まちだ そのこ/1980年3月9日-)は、福岡県出身の小説家。2016年に「カメルーンの青い魚」第15回女による女のためのR-18文学賞の大賞を受賞。2021年に「52ヘルツのクジラたち」で本屋大賞を受賞。好きな作家として、氷室冴子、高田郁、小川洋子、西加奈子を挙げている。

Created January 13, 2022

主な著書


著書一覧を表示

  • 『星を掬う』中央公論新社 (2021/10/18)
  • 『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』新潮社 (2021/3/27)
  • 『52ヘルツのクジラたち』中央公論新社 (2020/4/18)
  • 『コンビニ兄弟―テンダネス門司港こがね村店―』新潮社 (2020/7/29)
  • 『コンビニ兄弟2』新潮社 (2021/12/23)
  • 『ぎょらん』新潮社 (2018/10/31)
  • 『うつくしが丘の不幸の家』東京創元社 (2019/11/20)

町田そのこの名言集

『PHP2022年2月号:人生、ラクにいこう!』PHP研究所 (2022/1/8)より

誰もがたくさんの期待や
責任を抱えて生きている。

私より遥かに重たいものを抱えた人
プレッシャーに押しつぶされそうに
なりながらも
耐え忍んでいる人は
たくさんいるだろう。

みんな、腹にぐっと力を込めて
足を踏ん張って生きている。

そしてそれぞれがそれぞれの責務を
全力で乗り越えている。

抜粋・略

私も一人の大人である以上
背負ったからにはそれをあるべきところに
きちんと納めるか
背負い続けるべきだとわかっている。

抜粋・略

誰かにとって些末なことでも
私の中で必死の努力の結果であったなら
自分だけは否定はしてはいけないのだと
たくさんの失敗の中で気づいた。

抜粋・略

いまの私は
「私だけは私を甘やかす」と決めている。

些細なことであっても
やり遂げた自分を全力で褒めて甘やかす。

抜粋・略

日中どれだけ己の不甲斐なさを
悔やむことがあったとしても

明日の自分に押し付けた仕事が
山積みだとしても

全力で忘れる。

抜粋・略

自分を一番労われるのは
誰でもない自分自身だ。

自分の機嫌を取り
そして自分の頑張りを認め称えるのは
当然の権利なのだ。

誰に恥じることなく
全力で自分を褒める時間を作ろう。

抜粋・略

阿部牧歌(管理人)のおすすめ名言&のほほんコラム

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日は小説家の町田そのこさんの名言を
特集させていただきました。

私が町田そのこさんの言葉で
一番心に響いたのが↓こちら↓

誰かにとって些末なことでも
私の中で必死の努力の結果であったなら
自分だけは否定はしてはいけない。

抜粋・略

世界の誰に否定されようとも
自分だけは自分を否定しちゃいけない。

仕事でもなんでもそうですが
一番しんどいのは
自分を信じられなくなったときです。

自分だけは
自分の味方でいてあげてください。

町田そのこさんは
夜の9時以降は自分を甘やかす時間
と決めているとのことで
徹底的に自分を労わってあげるそうです。

仕事が山積みでも
どんな失敗を犯そうとも
自分を労わってあげる時間を持つ。

素敵ですね。
そんな毎日を送りたいものです。

ではまた(●´ω`●)

「地球の名言」管理人 阿部牧歌

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示
  • 『PHP2022年2月号:人生、ラクにいこう!』PHP研究所 (2022/1/8). Profile and Quote part.
  • 町田そのこ. フリー百科事典 Wikipedia. Retrieved 2021年6月24日 (木) 20:00, UTC. URL. Profile part.
  • ※参考文献・出典元が表記されていない名言や未分類に分類されている名言は詳細な参考文献・出典元がわかっていない記述となります。参考文献・出典元不明の記述に関しては現在調査を行っており、詳細がわかりしだい追記・分類を行っています。
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。