イッセー尾形のプロフィール

イッセー尾形(イッセーおがた/1952年2月22日-/男性)は、福岡県出身の俳優。「日本の一人芝居の第一人者」と知られる人物。本名は「尾形 一成」(おがた かずしげ)。1980年に一人芝居の原型となった「バーテンによる12の素描」を上演。1981年に「お笑いスター誕生!!」に出演し、金賞を獲得。その後、テレビドラマ「意地悪ばあさん」(青島幸男版)に早野金造巡査で出演し広く知られるようになる。1982年には「イッセー尾形の止まらない生活」シリーズや「イッセー尾形の都市生活カタログ」シリーズの上演を開始し1985年に「文化庁芸術選奨新人賞大衆芸術部門」を受賞。1992年頃から東京だけでなく、全国で公演を行うようになった他、1993年からは海外での公演(ニューヨーク)も開始し、ドイツ、フランス、スペイン、アイルランドなどでも公演を行う。また、桃井かおりや小松政夫との二人芝居でも高い評価を獲得している。

Created January 14, 2022

主な著書


著書一覧を表示

  • 『イッセー尾形のナマ本シリーズ』小学館
  • 『正解ご無用』中央公論新社 (2003/8/1)
  • 『本人の希望』早川書房 (1994/11/1)
  • 『シェークスピア・カバーズ』スイッチパブリッシング (2021/9/20)
  • 『イッセー尾形の都市生活カタログ』早川書房 (1991/3/1)
  • 『消える男』文藝春秋 (2006/7/12)
  • 『イッセー尾形の人生カタログ』朝日新聞 (1994/4/1)
  • 『空の穴』徳間書店 (1999/2/1)

イッセー尾形の名言集

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

本当につらい挫折を味わった人ほど、
わき出てくる生きる力が強い。

抜粋・略

人はマイナスの状況にある時ほど力を出すもので、
次の瞬間を肯定的にとらえ、前へ進もうとする。

抜粋・略

こんなもんだろうと
枷(かせ)を自分であてはめたところが、
以前はあったと思うんです。

自分の限界は自分が一番よく知ってるぞ、
みたいなね。

でも、いろんな人と出会って支えられて、
25年も続けていく中で、
何が起こるかわからないという可能性の中で、
いき続けること自体が僕の作品なんだ、と。

50歳を過ぎてから、
急カーブでますますその思いが強くなりました。

抜粋・略

心を入れて演技すると、
逆に伝わらない。

抜粋・略

阿部牧歌(管理人)のおすすめ名言&のほほんコラム

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日は俳優のイッセー尾形さんの名言を
特集させていただきました。

私がイッセー尾形さんの言葉で
一番心に響いたのが↓こちら↓

本当につらい挫折を味わった人ほど、
わき出てくる生きる力が強い。

抜粋・略

これは私の持論なのですが
人生で大変な思いをしたときに
本当の価値観が熟成されると
思っています。

私の場合は「成長」でした。
新しい業界に飛び込み
毎日必死で勉強し
日々の仕事にあたる中で
私は「成長している」と実感しました。

これが現在の価値観になっていて
しんどいときも
「だからこそ成長している」と
大抵のことは乗り越えられるようになりました。

人生の大変な時期を過ごした経験が
きっと自分の人生を支えてくれます。

その時期に生み出された価値観が
人生を作っていくのだと私は信じています。

ではまた(●´ω`●)

「地球の名言」管理人 阿部牧歌

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示
  • イッセー尾形. フリー百科事典 Wikipedia. Retrieved 2022年1月8日 (土) 05:04, UTC. URL. Profile part.
  • ※参考文献・出典元が表記されていない名言や未分類に分類されている名言は詳細な参考文献・出典元がわかっていない記述となります。参考文献・出典元不明の記述に関しては現在調査を行っており、詳細がわかりしだい追記・分類を行っています。
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。