伊藤洋一のプロフィール

伊藤洋一(いとう よういち/1950年1月22日 -)は、長野県出身の経済評論家エコノミストジャーナリスト作家。株式会社三井住友トラスト基礎研究所主席研究員。1973年に時事通信社に入社し、ニューヨーク特派員などを務め、1986年に中途入社で住友信託銀行に入行。コメンテーターとしてテレビやラジオ番組等に出演している他、経済や産業などに関する著書も多く発表している人物。

Created January 18, 2022

主な著書


著書一覧を表示

  • 『スピードの経済-世界経済のビッグバン』(日本経済新聞社刊、1997年7月)
  • 『ビッグバン時代のネット活用術』(東洋経済新報社刊、1998年8月)
  • 『日本力 アジアを引っぱる経済・欧米が憧れる文化』(講談社刊、2005年6月25日)
  • 『上品で美しい国家-日本人の伝統と美意識』(日下公人との共著)(ビジネス社刊、2006年5月)
  • 『カウンターから日本が見える 板前文化論の冒険』(新潮社刊、2006年9月15日)
  • 『ITとカースト-インド・成長の秘密と苦悩』(日本経済新聞社出版局刊、2007年1月)
  • 『ほんとうはすごい!日本の産業力』(PHP研究所刊、2011年9月)
  • 『情報の強者』(新潮社刊、2016年2月)

伊藤洋一の名言集

未分類

参考文献・出典元が特定できていない言葉です(旧サイトで公開していた分を含みます)。詳細がわかりしだい追記・分類します。

他人と一緒でありたいという意識は、
もうやめた方がいい。

それでは、存在している意味が
ありませんから。

抜粋・略

阿部牧歌(管理人)のおすすめ名言&のほほんコラム

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日は経済評論家の伊藤洋一さんの名言を
特集させていただきました。

他人と一緒でありたいという意識は、
もうやめた方がいい。

それでは、存在している意味が
ありませんから。

抜粋・略

長らく日本は経済大国として
成長し続けてきました。

人口は増え、産業は発展し
そんな時代は多数派に属していればよかった。

そうしていれば
国全体が栄えていったので
右肩上がりに給料も増えていった。

でもこれから日本は
人口減の時代になります。

国全体が右肩下がりになっていく時代に
みんなと同じという戦法をとっていては
国とともに衰退していってしまう時代になるのです。

少ないリソースで
より多くの生産性が求められる。
これからはそんな時代になります。

他人と違うことを恥じる必要はありません。
他人と違うことこそが価値なのですから。

ではまた(●´ω`●)

「地球の名言」管理人 阿部牧歌

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示
  • 伊藤洋一. フリー百科事典 Wikipedia. Retrieved 2021年11月20日 (土) 00:03, UTC. URL. Profile part.
  • ※参考文献・出典元が表記されていない名言や未分類に分類されている名言は詳細な参考文献・出典元がわかっていない記述となります。参考文献・出典元不明の記述に関しては現在調査を行っており、詳細がわかりしだい追記・分類を行っています。
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。