レオ・ブスカーリア(レオ・バスカーリア)のプロフィール

レオ・ブスカーリア(Leo Buscaglia, Felice Leonardo “Leo” Buscaglia/1924年3月31日-1998年6月12日/男性)は、アメリカの教育者著述家。南カリフォルニア大学特殊教育学部教授。カリフォルニア州ロサンゼルス出身。「いのち」についての学び方を教える絵本『The Fall of Freddie the Leaf』(邦題:「葉っぱのフレディーいのちの旅」)の作者として知られる人物。南カリフォルニア大学教育学部を卒業後、ロサンゼルス北東に位置するパサディナ市で公立学校教員となり、主に学習障害の子どもたちのクラスを担当。同時に大学院で教育学を学び、博士号を取得の後は母校の南カリフォルニア大学で教壇に立つ。しかし、教え子の自殺という事件に遭遇してからは、命についての教育に関心を持つようになり、「Love 1A」(ラブ・クラス)というゼミを開講。このため、ブスカーリアは「Dr. Love」の愛称で親しまれた。ブスカーリアの講義・教えは書籍としても発表され、彼が亡くなった1998年には世界17ヵ国の言語に訳され、1800万部の売り上げを記録した。

※日本では「レオ・バスカーリア」という表記も使われていますが、当サイトではWikipediaに合わせて「レオ・ブスカーリア」という表記にしています。発音が難しいらしいです。

Created February 5, 2017

主な著書

  • 『葉っぱのフレディ:いのちの旅』童話屋(訳:みらい なな)※「レオ・バスカーリア」表記
  • 『新訳“自分らしさ”を愛せますか』シャスタインターナショナル(訳:藤井留美)
  • 『パパという大きな木』講談社(訳:海都洋子)
  • 『クリスマス・ラブ:七つの物語』宝島社(訳:倉橋由美子)

レオ・ブスカーリアの名言集

『葉っぱのフレディ』童話屋より

変化するっていうのは自然な事なんだ。
…死ぬというのも、変化の1つに過ぎないんだよ。

「地球の名言」オリジナル略・要約

君は今日一日で
何を学んだかな?

「地球の名言」オリジナル略・要約

自分の喜びや幸せに対して責任を持った時に
僕たちは初めて成長できる。

「地球の名言」オリジナル略・要約

『新訳“自分らしさ”を愛せますか』シャスタインターナショナルより

壁を築くのではなく
橋をかけよう。

『パパという大きな木』講談社より

人はみんな死ぬんだ。
大いに踊り、歌い、笑おう。

「生まれる」ことも
「死ぬ」ことも
生命の輪の一部に過ぎない。

あなたで始まり、あなたで終わる
というわけではないのだ。

「地球の名言」オリジナル略・要約

「Brainy Quote」より

変化というのは
学習の最終結果です。

「地球の名言」オリジナル意訳・要約

明日への不安に心を奪われてはいけないよ。
今を楽しみ、今日を喜びで満たすんだ。

「地球の名言」オリジナル意訳・要約

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示