梶裕貴の名言

失敗してもいい。
失敗して初めて
生まれるものもあるんだから。

by 梶裕貴

『PHP2022年3月号:ホッとする考え方』PHP研究所 (2022/2/9)より

出典元書籍:https://amzn.to/3JpQbW7

阿部牧歌の「のほほんコラム」

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日は声優の梶裕貴さんの名言を
取り上げさせていただきました。

「失敗してもいい。
失敗して初めて
生まれるものもあるんだから。」

この言葉は音響監督の
三間雅文(みま まさふみ)さんに
梶裕貴さんがかけてもらった言葉だそうで

「どんな出来事も
いつかすべてが自分の力になる。」
そう思うことで梶裕貴さんは
これまでの様々な苦難を
乗り越えてこれたそうです。

私も週末の休みをがっつり夕方まで
寝てしまって後悔に
さいなまれることがあるのですが

この言葉を聞いてからは
「きっとすべての経験に意味がある」
と自分に言い聞かせて
このコラムを書いています(笑)。

先日私はセミナー形式の
小さなイベントで司会を務めたのですが
資料を見て「この程度の内容なら
本番のぶっつけでいけるな」と判断して
リハーサルもせずに
ぶっつけで挑んだところ大失敗。

台本に小さなミスがたくさんあって
そのまま読んだので聞いてる方が
頭が「?」になっており、
私も「?」になってしまいました。

やはり事前準備は大切だなと
いまさらながら実感した一日になりました。

「失敗して初めて
生まれるものもあるんだから。」
そう思うことで必要以上に
失敗を恐れることなく
挑んでいけるのではないでしょうか。

梶裕貴のプロフィール

梶 裕貴(かじ ゆうき/1985年9月3日-)は、東京都生まれ・埼玉県坂戸市育ちの声優ナレーター歌手。2003年にポニーキャニオン主催の「VSオーディション2003」ファイナリストに選出。2004年にPlayStation 2用ゲーム『帝国千戦記』で声優デビュー。2006年に『ふしぎ星の☆ふたご姫』でテレビアニメデビュー。2007年に「Over
drive」の篠崎ミコト役でテレビアニメ初主演を果たす。2009年に第3回声優アワード新人男優賞を受賞。2012年にシングル「sense of
wonder」で歌手デビュー。2019年に声優の竹達彩奈(たけたつ あやな)と結婚したことが双方の公式ツイッターで発表。代表作に『進撃の巨人』(エレン・イェーガー)、『マギ』(アリババ・サルージャ)、『七つの大罪』(メリオダス)などがある。

参考文献・出典:Wikipedia(URL)

主な著作

  • 『いつかすべてが君の力になる (14歳の世渡り術)』河出書房新社 (2018/5/10)
  • 『梶裕貴 写真集「リライフ」』宝島社 (2015/9/3)
  • 『en.365° PHOTO BOOK』宝島社 (2020/2/21)
  • 『梶裕貴 対談集「えん」』日経BP (2021/10/28)

梶裕貴の著作一覧:https://amzn.to/361eSK6

著作権者の皆様へ
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。