志茂田景樹の名言

要するに、10年一貫して続ければ
何事も哲学になるんです。
中途半端にやったら、
それは子どもでも見破ります。
決して認めることはありません。

by 志茂田景樹

阿部牧歌の「のほほんコラム」

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日は作家でタレントの
志茂田景樹さんの名言を
取り上げさせていただきました。

「要するに、10年一貫して続ければ
何事も哲学になるんです。
中途半端にやったら、
それは子どもでも見破ります。
決して認めることはありません。」

奇抜なファッションセンスでも
注目を集めた志茂田景樹さんですが
街を歩き始めた頃は、
みんな驚いて足を止め、
奇異な目で志茂田さんを
見ていたとのこと。

それがしだいに
皆、素知らぬ顔になり、

10年過ぎたら、
「あんたを応援しているよ」と
握手を求められるように
なってきたとのことでした。

自分の価値観に基づいて
貫きたいことがあるなら
貫き通せばいいと志茂田景樹さんは
その生きざまを通して教えてくれています。

奇異な目で見られても
気にする必要はありません。
ご自身の信念と価値観に基づいて
行動する限り、それはいずれ哲学になります。

志茂田景樹のプロフィール

志茂田景樹(しもだ かげき/1940年3月25日-)は、静岡県出身の作家小説家絵本作家タレント。本名は「下田忠男(しもだ ただお)」。長男はカメラマンの「下田順洋」、次男は実業家・元俳優の「下田大気」。ペンネームの「志茂田景樹」は、”茂る田んぼを志す”という意味と、父の書斎でよく目にしていた江戸時代の国文学者「香川景樹」に由来。中央大学の法学部政治学科を卒業後、週刊誌記・保険調査員・塾講師など様々な職を経て、1976年に「やっとこ探偵」で小説現代新人賞を受賞し小説家デビュー。1980年「黄色い牙」で直木賞を受賞。歴史小説や伝奇小説、スペクタクル小説など様々なジャンルの作品を発表し幅広い層の読者を獲得したほか、1990年代に入ると架空戦記小説を多数発表するようになり、特に「戦国の長嶋巨人軍」は架空戦記の金字塔と称されるまでの人気を博す。また、奇抜なファッションでも知られる人物であり、ファッションショーのモデルとして活躍した他、ファッションブランド「KIBA」を立ち上げるなどファッションの分野にも進出。タレント活動も活発に行っており、バラエティ番組を中心にドラマや映画、CMなどにも出演。1999年には「よい子に読み聞かせ隊」を結成し、全国各地で読み聞かせ行脚を始め、童話や絵本作品を数多く発表。不登校の子供への支援や心療内科を考える会等、社会的な活動も積極的に行っている。

参考文献・出典:Wikipedia(URL)

主な著作

  • 『9割は無駄。』あさ出版 (2022/2/9)
  • 『死ぬのは明日でもいいでしょ。──辛いとき、悩んだとき、気持ちを切り替える言葉』自由国民社 (2022/2/18)
  • 『黄色い牙』アドレナライズ (2013/2/1)
  • 『ショートショートの小宇宙』志茂田景樹事務所 (2021/10/26)
  • 『死にたいという本当は死にたくない私』志茂田景樹事務所 (2020/7/10)
  • 『蒼翼の獅子たち』河出書房新社 (2008/10/7)
  • 『キリンがくる日』ポプラ社 (2013/8/6)
  • 『ぼくらの街にキリンがやってくる: チャイルズエンジェル450日の軌跡』ポプラ社 (2013/10/8)
  • 『キリンのあかちゃんがうまれた日』ポプラ社 (2019/7/5)
  • 『きっとうまくいく 人生、今が出発点』ナツメ社 (2012/10/9)
  • 『人生はまじめが勝つ―これがぼくの生き方だ』海竜社 (1994/3/1)
  • 『天空の爪』KIBA BOOK (1997/2/1)
  • 『まんねんくじら』KIBA BOOK (2002/6/1)
  • 『盲導犬のんのんのかたみ』KIBA BOOK (2000/3/1)
  • 『自信をつくる。働く君へ贈るカゲキの檄文』ベストセラーズ (2012/12/21)
  • 『シマフクロウのぽこ』ポプラ社 (2017/5/9)
  • 『最後のニホンオオカミよいちの一生 ときめき編』KIBA BOOK (2004/4/1)
  • 『ぼくの天国ポスト』絵本塾出版 (2015/10/30)
  • 『魔性の報酬』光文社 (1991/3/20)
  • 『猫様のお言葉 ネ・コ・ト・バ』わんにゃんスターフォト出版部 (2014/12/15)
  • 『なんで! ? 納得できない… 14歳のきみたちへ』じゃこめてい出版 (2014/1/15)
  • 『志茂田式ぐるぐるフィットネス 魅せるカラダ、魅せる心の作り方』講談社 (2013/10/1)

志茂田景樹の著作一覧:https://amzn.to/36idva4

著作権者の皆様へ
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。