上杉謙信の名言 第2集

四十九年一睡の夢
一期の栄華一盃の酒
(意訳:四十九年の人生は一睡の夢であった。
人生の栄華は一盃の酒のようなものだ。

by 上杉謙信

『辞世の句』より

阿部牧歌の「のほほんコラム」

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日は武将・戦国大名の
上杉謙信の名言を
取り上げさせていただきました。

「四十九年の人生は一睡の夢であった。
人生の栄華は一盃の酒のようなものだ。」

上杉謙信公の辞世の句より
取り上げさせていただいたのですが

一時代を築き上げた謙信公が
人生を振り返って言ったのが
人生は「一睡の夢」。

人生の栄華は
「一盃の酒」と表現されています。

この地球の名言でも色々な方の
辞世の句を取り上げさせて
いただいているのですが

栄華を極めた謙信公が
「一盃の酒」と表現されているのが
見事です。

我々は日々、
がむしゃらに何かを追い求めていますが
所詮、それは振り返ってみれば
「一盃の酒」であると。

後世に謙信公は何を残したかったのか。
もしかしたら、
人生の栄華とは所詮「一盃の酒」である、
一度きりの人生、
大いに楽しみ、大いに騒げ。
そんなことを伝えたかったのではないかと
思うのです。

著作権者の皆様へ
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。