上杉隆の名言

今の日本社会は、
“成功しなければならない”
“結果を出さなければならない”
ということにこだわりすぎているんじゃ
ないでしょうか?
成功の価値観なんて、国によっても、
時代によっても違うわけで、
自分のやりたいことができていれば、
それがその人の人生にとって成功なんです。

by 上杉隆

阿部牧歌の「のほほんコラム」

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日はジャーナリストの
上杉隆さんの名言を
取り上げさせていただきました。

「成功の価値観なんて、国によっても、
時代によっても違うわけで、
自分のやりたいことができていれば、
それがその人の人生にとって成功なんです。」

最近、本を読んでいて
スティーブ・ウォズニアックの話が
出てきました。

ウォズニアックというのは
スティーブ・ジョブズらとともに
Appleを設立した人物の一人なのですが

ジョブズほど成功者として
取り上げられることはないと
ご本人も言っているぐらいです。

そんなウォズニアックですが
Apple上場時には自分の持っている株を
周りの親しい人に配ったとのこと。
もっていれば一瞬で億になる額の株をです。

その人柄で多くの人に親しまれ、
楽しそうに暮らしているウォズニアック。

ジョブズとウォズニアック、
どちらが成功者かは
誰も決めることができない。
とその本には書かれていました。

上杉隆さんの言葉に戻ると
「自分のやりたいことができていれば、
それがその人の人生にとって
成功なんです」。

何が成功か幸せかなんて
他の誰かに決められることじゃない。

誰かが用意したモノサシで
自分の人生を計るのはやめにしたいものです。

上杉隆のプロフィール

上杉隆(うえすぎ たかし/1968年5月3日-)は、福岡県出身のジャーナリスト実業家、政治活動家、作家僧侶。株式会社NO BORDER NEWS TOKYO社主や公益社団法人自由報道協会 創設者、一般社団法人日本ゴルフ改革会議 事務局長などを務める人物。都留文科大学文学部英文科を卒業後、1994年から鳩山事務所に5年間勤務。1999年から2001年までニューヨーク・タイムズ東京支局取材記者、2000年にデビュー作『石原慎太郎
5人の参謀』を刊行。2001年にフリーランス・ジャーナリストとして独立。2011年に自由報道協会を創設し代表となる。2012年に株式会社NOBORDER設立。2019年に京都、本山修験宗総本山京都聖護院門跡で得度(出家)。

参考文献・出典:Wikipedia(URL)

主な著作

  • 『がんばらないから上手くなった。』ゴルフダイジェスト社 (2015/3/1)
  • 『誰がこの国を壊すのか』ビジネス社 (2012/11/7)
  • 『石原慎太郎「5人の参謀」』小学館; 新編版 (2001/2/1)
  • 『ジャーナリズム崩壊』幻冬舎 (2008/7/1)
  • 『小泉の勝利 メディアの敗北』草思社 (2006/11/25)
  • 『オプエド 真実を知るための異論・反論・逆説』KADOKAWA (2017/11/16)
  • 『国家の恥 - 一億総洗脳化の真実』ビジネス社 (2011/11/23)
  • 『「結果を求めない生き方」上杉流脱力仕事術』アスコム (2010/9/20)
  • 『人生から失敗はゼロになる: 強く、賢く、そして愉しく生きる』三笠書房 (2018/3/8)
  • 『なぜツイッターでつぶやくと日本が変わるのか』晋遊舎 (2010/5/27)
  • 『ウィキリークス以後の日本 自由報道協会(仮)とメディア革命』光文社 (2011/3/17)
  • 『悪いのは誰だ! 新国立競技場』扶桑社 (2015/9/27)
  • 『官邸崩壊』幻冬舎 (2011/11/10)
  • 『暴走検察』朝日新聞出版 (2010/4/20)
  • 『世襲議員のからくり』文藝春秋 (2009/5/20)
  • 『新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか』PHP研究所 (2012/2/15)
  • 『上杉隆の40字で答えなさい  〜きわめて非教科書的な「政治と社会の教科書」〜』大和書房 (2010/9/18)
  • 『民主党政権は日本をどう変えるのか』飛鳥新社 (2009/6/18)
  • 『戦争の予感』かんよう出版 (2017/1/30)
  • 『誰が「都政」を殺したか? 特別対談 小池百合子東京都知事』SBクリエイティブ (2017/1/14)
  • 『大手メディアが隠す ニュースにならなかったあぶない真実』PHP研究所 (2012/3/17)

上杉隆の著作一覧:https://amzn.to/3vHlh8c

著作権者の皆様へ
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。