魯迅の名言

思うに希望とは、
もともとあるものともいえぬし、
ないものともいえない。
それは地上の道のようなものである。
もともと地上には道はない。
歩く人が多くなれば、
それが道になるのだ。

by 魯迅

魯迅『故郷』より

出典元書籍:https://amzn.to/37teN2C

阿部牧歌の「のほほんコラム」

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日は中国の小説家・思想家
の魯迅さんの名言を
取り上げさせていただきました。

「もともと地上には道はない。
歩く人が多くなれば、
それが道になるのだ。」の部分が有名ですが
これは希望について語った言葉とのこと。

ここからは私の解釈ですが、
希望とは、先人が作ってくれた道である
と私は捉えています。

先人の姿に憧れて、
人は希望を抱く。

そして自分の姿で
後世に希望を残せる。

魯迅さんはそんなことが
言いたかったのではないかなと思うのです。

先人に学び、希望を抱き、
現世を生き、後世に希望を残す。

地上の道と人生をかけた
魯迅さんからのメッセージだと
私は受け取りました。

魯迅のプロフィール

魯迅(ろじん/1881年9月25日-1936年10月19日/男性)は、中国浙江省出身の小説家翻訳家思想家。本名は周樹人(ペンネームの魯は母親の姓に由来)。『阿Q正伝』や『狂人日記』の著者として知られる人物であり、作品が中国の教科書に採用されることも多いため、中国では国民的な知名度を誇っている。また、中国最初の小説史『中国小説史略』(神話伝説から清末までの小説史)を書いた功績でも知られている。

参考文献・出典:Wikipedia(URL)

主な著作

  • 『熱風』
  • 『故郷』
  • 『華蓋集』
  • 『華蓋集続編』
  • 『墳』
  • 『而已集』
  • 『三閑集』
  • 『二心集』
  • 『偽自由書』
  • 『南腔北調集』
  • 『准風月談』
  • 『花辺文学』
  • 『且介亭雑文』
  • 『且介亭雑文二集』
  • 『且介亭雑文末編』
  • 『集外集』
  • 『集外集拾遺』
  • 『集外集拾遺補編』
  • 『懐旧』吶喊
  • 『狂人日記』
  • 『孔乙己』
  • 『故郷』
  • 『阿Q正伝』
  • 『彷徨』
  • 『故事新編』
  • 『朝花夕拾』
  • 『野草』

魯迅の著作一覧:https://amzn.to/3xf2yBO

著作権者の皆様へ
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。