ルイーズ・ビービ・ワイルダーのプロフィール

ルイーズ・ビービ・ワイルダー(Louise Beebe Wilder/1878年–1938年4月20日/女性)は、アメリカの園芸作家著述家。メリーランド州ボルチモア出身。若い頃から園芸に興味を持ち、1902年に建築家ウォルター・ロブ・ワイルダーと結婚。夫婦でニューヨークのポモーナに移住し、様々な園芸に取り組み、ステーションプラザの設計も手掛けたほか、1925年にワーキング・ガーデナー・クラブ(Working Gardeners Club)を設立。自身の園芸に関する経験を著書としても発表し、生涯で10冊の本を出版した。1937年に「Garden Club of America’s Gold Medal」を受賞。

Created February 13, 2017

主な著書

  • 1916年『My Garden』
  • 1918年『Colour in My Garden』
  • 1923年『Adventures in My Garden and Rock Garden』
  • 1928年『Pleasures and Problems of a Rock Garden』
  • 1931年『Adventures in a Suburban Garden』
  • 1932年『The Fragrant Path』
  • 1933年『The Rock Garden』
  • 1935年『What Happens in My Garden』
  • 1936年『Adventures with Hardy Bulbs』
  • 1937年『The Garden in Color』

ルイーズ・ビービ・ワイルダーの名言集

『AZ Quote』より

クリエイターが2人いれば
結論も2つです。
2人が同じ結論にたどり着く必要はありません。

オリジナル意訳・要約

庭園はその持ち主が思い思いに作るものです。
その人の魅力が庭園の魅力になるのです。
それは造園の技術や資金で再現できるものではありません。

オリジナル意訳・要約

たとえ小さな植物だったとしても
それらに囲まれて日々を過ごすことで
人間だけの小さな世界から解放されるのです。

オリジナル意訳・要約

未分類

力を抜いたところを作ってあげることです。
そうでないと大きな作品は作れません。

オリジナル意訳・要約

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示