ダボス会議の名言

私たちは、
世界をよくすることにコミットする。

by ダボス会議のミッション宣言

竹中平蔵『不安な未来を生き抜く知恵は、歴史名言が教えてくれる 「明日を変える力」を磨く55の言葉』SBクリエイティブ (2015/12/5)より

出典元書籍:https://amzn.to/37Mrqpx

阿部牧歌の「のほほんコラム」

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日はダボス会議のミッション宣言を
取り上げさせていただきました。

ダボス会議とは、
世界の有識者たちが集まって
世界が直面する重大な問題について
議論する会議なのですが、

そこで宣言された言葉が
「私たちは、
世界をよくすることにコミットする」
だったそうです。

各国にそれぞれ事情があったとしても
最終的な基準になるのは、
「世界をよくすることであるかどうか」
で決めようじゃないかというのが、
世界経済フォーラムで宣言されたのです。

我々の行なっている仕事も同じです。
この仕事は世界のどんなところで
世界をよくすることに繋がっているのか、
それを考えることが
仕事の意義になってくるのではないでしょうか。

これから何かで迷った際は、
「世界をよくすることであるかどうか」
を基準にすると意外とすんなりと決まったりします。

私も新規にサイトを立ち上げる際は、
このサイトを立ち上げることで
どんな意義があるのかを考えますが
ダボス会議のミッション宣言である
「世界をよくすることであるかどうか」
という基準は非常にわかりやすく明快です。

この仕事はなんのためにやっているのか。
「世界をよくすることであるかどうか」
の基準にあてはめて、
この仕事は世界をよくしていると思えたら、
きっと胸をはって仕事ができると思います。

もし何かやろうか迷ったら、
もし今やっていることに意味があるのかを迷ったら、
「世界をよくすることであるかどうか」
という基準で物事を考えてみてはどうでしょうか。

ダボス会議のプロフィール

ダボス会議(-かいぎ)は、約2,500名の選ばれた知識人やジャーナリスト、多国籍企業経営者や国際的な政治指導者などのトップリーダーが一堂に会し、健康や環境等を含めた世界が直面する重大な問題について議論する場となっているスイスのダボスで開催される年次総会。1971年に経済学者クラウス・シュワブにより設立された国際機関「世界経済フォーラム」(せかいけいざいフォーラム、英: World Economic Forum、WEF)の著名な年次総会の一つ。

参考文献・出典:Wikipedia(URL)

著作権者の皆様へ
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。