ルイス・キャロルのプロフィール

ルイス・キャロル(Lewis Carroll/1832年1月27日-1898年1月14日/男性)は、『不思議の国のアリス』の作者として世界的に知られるイギリスの作家、数学者、数学講師、論理学者、写真家、詩人。本名はチャールズ・ラトウィッジ・ドジソン(Charles Lutwidge Dodgson)。チェシャー州ダーズベリ出身。1854年にオックスフォード大学クライスト・チャーチ・カレッジを卒業後、同校の数学講師となる。1872年に『不思議の国のアリス』を発表し、驚異的な成功を収めた後も教職を続け、26年間にわたってクライスト・チャーチの教壇に立ち続けた。また写真家としての一面も持ち、クライスト・チャーチの中庭には彼の写真館があり、約3000枚の写真があったとされ(約1000枚が現存)、ヴィクトリア期の優れた写真家の一人としても知られている。

Created February 13, 2017

主な作品

  • 『不思議の国のアリス:Alice’s Adventures in Wonderland』1865年
  • 『鏡の国のアリス:Through the Looking-Glass, and What Alice Found There』1871年
  • 『スナーク狩り:The Hunting of the Snark』1876年
  • 『シルヴィーとブルーノ:Sylvie and Bruno』1889年

ルイス・キャロルの名言集

『不思議の国のアリス』より

君がどこへ行けばいいのかって?
それは君がどこへ行きたいかによって変わってくる。

オリジナル意訳・要約

君がどこへ行きたいかわからないなら
どの道を選んだって大した違いはないんだ。

オリジナル意訳・要約

私は誰かって?
あぁ、それは素晴らしいパズルだね。

オリジナル意訳・要約

誰もが自分のことをちゃんとやれば
世の中は今より、ずっと良くなるはずだ。

オリジナル意訳・要約

想像力は現実との戦いにおいて
君が持っている唯一の武器だよ。

オリジナル意訳・要約

常にティータイムさ。

オリジナル意訳・要約

『Brainy Quote』より

やり始めたのならば、やり遂げることだけを考えるんだ。
結果なんて勝手に出るんだから。

オリジナル意訳・要約

人生の秘密を一つ教えてあげよう。
それは本当に価値があるのは
私たちが他人のためにすることだということです。

オリジナル意訳・要約

『Goodreads』より

すべてを信じていたら、君の心はヘトヘトに疲れてしまうだろう。
そしてやがて、君は何もかもが信じれなくなってしまうんだ。

オリジナル意訳・要約

未分類

あなたの話は
誰にも信じてもらえないかもしれない。

だけど、あなたの行いは
誰もが信じることになるでしょう。

オリジナル意訳・要約

集められるだけの事実を集めるんだ。
自分の理論を構築するのはその後でいい。

オリジナル意訳・要約

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示