フランキー・バーンの名言

敬意というのは、
普段着の愛です。

by フランキー・バーン

タル・ベン・シャハー『ハーバードの人生を変える授業2』大和書房 (2016/5/12)より

出典元書籍:https://amzn.to/3uUPeRn

阿部牧歌の「のほほんコラム」

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日はラジオパーソナリティ
のフランキー・バーンさんの名言を
取り上げさせていただきました。

コトバンクによると、
「敬意」とは相手を尊敬する心とあるのですが、
言い換えると、相手を大切にする心
ではないかなと思うのです。

相手を大切にすること。
それが普段使いのできる愛の形である。
なんとも言い得て妙な表現です。

出典元の『ハーバードの人生を変える授業2』では、
「身近な人を大切にする」という章で
紹介されているのですが、

「普段着の愛」である「敬意」を
皆さんは家族に使っているでしょうか。

身近な存在である家族に敬意を示す、
大切に扱う。
これがすべての人間関係のベースになります。

すべての人に敬意をもって接する。
これは普段着として身にまとっておきたい
愛の形です。

フランキー・バーンのプロフィール

フランキー・バーンは、ラジオパーソナリティ。※フランキー・バーンについての詳細データは現在調査中です。

参考文献・出典:タル・ベン・シャハー『ハーバードの人生を変える授業2』大和書房 (2016/5/12)

著作権者の皆様へ
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。