金澤泰子の名言

同じ現象の中に地獄を見る人と、
天国を見る人がいる。

by 金澤泰子

『月刊PHP 2022年5月号 (月刊誌PHP)』PHP研究所 (2022/4/10)より

出典元書籍:https://amzn.to/3KcCTMP

阿部牧歌の「のほほんコラム」

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日は書家の金澤泰子さんの名言を
取り上げさせていただきました。

この言葉は、
金澤泰子さんの娘である翔子さんが、
とことん疲れるハードな仕事が続いても
「楽しかった」と言って泰子さんを
驚かせることがあるそうなのですが、
そこから転じての言葉となります。

同じ職業の人でも
見えている景色・意識が全然違う例として
イソップ寓話の「3人のレンガ職人」
という話が取り上げられることも多いのですが、

これは3人のレンガ職人に
「あなたは何をしているのですか?」
と聞いていく物語なのです。

1人目は、「レンガを積んでいるに決まっているだろう」
と言い、日々の不満をだらだらとしゃべりはじめる。
2人目は、「お金を稼ぐためにやっているんだ」と答え、
稼ぐことの大切さを述べた。
3人目は、「偉大な大聖堂を作る一翼を担っているんだ」と
希望を胸に答えたとのこと。

このレンガ職人の話を展開しているいろいろなバージョンがあり、
「鞭で打たれるからやっているんだ」
「楽しいからやっているのさ」みたいに
発展させているものもあるのですが
そのバージョンの紹介はまたの機会にして、

同じ仕事をしていても
見えている景色・意識・モチベーションというのは、
全然違うという好例です。

ハードな仕事を毎日こなしていても
「幸せ」「楽しい」「ありがたい」と答える人もいれば、
「自分ばっかりしんどい思いをしている」と
愚痴をこぼす人もいるでしょう。

その違いは何かと考えると
一つには、その仕事を意義と
自分のベクトルがあっているかどうかだと
私は思うのです。

3人のレンガ職人の話でいえば、
大聖堂を作るという仕事の目的、
さらにいえばその大聖堂がどんな役割を果たすのか、
そこからどんなものが生まれるのか、
そんなことをイメージしたうえで
自分はその一翼を担っているんだと考えれるかどうか。

日々の自分の仕事がどんな役割を果たしていて
どんなことに貢献しているのか、
そこをイメージしてそこに貢献しているんだということに
価値を感じられるかどうかが分かれ道だと思うのです。

そこに価値を感じられないとしたら、
自分の価値観とは合っていない仕事を
無理やりしていることになる。
なんの価値も感じられないことに毎日8時間。
何十年も携わっていたら、
ストレスから病気になってしまうかもしれません。

自分の価値観とその仕事のベクトルがあっているかどうか
それが「幸せ」「楽しい」「ありがたい」と
思える人の共通点だと思います。

金澤泰子のプロフィール

金澤泰子(かなざわ やすこ/1943年12月15日-)は、東京都出身の書家。ダウン症でありながらも書家として活動する「金澤翔子」(-しょうこ)の母。書家の「柳田泰雲・泰山」に師事し、1990年に「久が原書道教室」を開設。娘と共に書道の普及に努めている。雅号は「蘭凰」。

参考文献・出典:『月刊PHP 2022年5月号 (月刊誌PHP)』PHP研究所 (2022/4/10)

主な著作

  • 『ダウン症の書家金澤翔子の一人暮らし』かまくら春秋社 (2019/4/17)
  • 『あふれる愛 ― 翔子の美しき心 ―』どう出版 (2017/9/1)
  • 『金澤翔子、涙の般若心経 ダウン症の赤ちゃんが天才書家と呼ばれるまでの奇跡の物語』世界文化社 (2013/10/16)
  • 『心は天につながっている』PHP研究所 (2016/10/13)
  • 『ひたすらに書きます ダウン症の書家・金澤翔子建長寺書展のあゆみ』芸術生活社 (2014/8/1)
  • 『金澤翔子 伝説のダウン症の書家』平凡社 (2017/7/21)
  • 『愛にはじまる―ダウン症の女流書家と母の20年』ビジネス社 (2006/7/1)
  • 『天使がこの世に降り立てば (ダウン症の書家・金澤翔子を育てた母の日記)』かまくら春秋社 (2010/4/22)
  • 『改訂版 天使の正体 (ダウン症の書家・金澤翔子の物語)』かまくら春秋社; 改訂版 (2010/5/15)
  • 『共に生きる 金澤翔子』芸術新聞社 (2021/12/27)
  • 『海のうた 山のこえ―書家・金澤翔子 祈りの旅』佼成出版社 (2013/3/26)
  • 『悲しみを力に ダウン症の書家、心を照らす贈りもの』PHP研究所 (2019/9/5)
  • 『愛の方程式』新日本出版社 (2017/9/23)

金澤泰子の著作一覧:https://amzn.to/39mdwLX

著作権者の皆様へ
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。