パトリック・ハーランの名言 第2集

投資ではなく、
人生で冒険しています。

by パトリック・ハーラン

『年収300万父さんのリッチ経済学2022最新版 (プレジデント2022年 5/13号)』プレジデント社 (2022/4/22)より

出典元書籍:https://amzn.to/3Fj2OSa

阿部牧歌の「のほほんコラム」

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日はお笑い芸人
のパトリック・ハーランさんの名言を
取り上げさせていただきました。

今日は投資ネタにしてみたのですが、
私も投資は大好きで
個別株投資も投資信託もやっています。

最近は、NISA(少額投資非課税制度)や
iDeCo(個人型確定拠出年金)のおかげもあって、
投資をする人も増えていきていると聞きますが、

自分の時間をどこにかけるべきか
というテーマが欠けているのではないかと思うのです。

ようは、自分の人生をどこに賭けるか
ということです。

同誌(プレジデント)を読んでいるときに、
パトリック・ハーランさんが、
「僕の本業はお笑い芸人ですよ。
個別銘柄を探すことに労力をかけるより、
コメンテーターとかを務めるための勉強のほうが
よほど大事なんです」と語られていたのですが、

今の時代の社会人の投資の付き合い方を
見事に述べたコメントだなと思いました。

資産運用は大事ですが、
それに人生を賭ける道をあなたは選ぶのですか?
ということを考える必要があると思うのです。

ウォーレン・バフェットのように
投資が本業という方は、
大いに投資の世界に入ればいいのですが、
多くの社会人はそうではありません。

本業があり、人によっては副業もあり、
さらに投資をするとなれば、
どれもが中途半端になってしまう可能性がある。

本業にしっかり力を注いだ上で、
副業で別スキルを磨く、または相乗効果を狙う。
そして、資産運用はプロに任せる(投資信託)
+趣味で個別銘柄の株式投資をする。
これが私のパターンなのですが、
本業、副業、資産運用にどう自分の時間をかけるのかを
しっかりと考えたほうがよいと思うのです。

パトリック・ハーランさんは、
資産運用はインデックスファンド一本のみで
投資はプロに任せ、
自分は本業の腕を磨くことに集中しているとのことなのですが、

資産運用に時間をとられ、本業がおろそかになっている、
または生活の時間を削ってしまっているという人は、
自分の投資スタイルを見直す必要があると思います。

個人的にはパトリック・ハーランさんと同意見で
インデックスファンド一本で投資はプロに任せ、
自分の本業の腕を磨くことに集中したらよいと思うのですが、
私の場合は、このブログを書くことも
一日の楽しみになっているので外せません。

自分の時間をどこに投資するのか。
お金の運用だけでなく、大切な自分の時間の運用も
しっかり身につけていきたいものです。

著作権者の皆様へ
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。