アンリ・ラコルデールの名言

一瞬だけ幸福になりたいのなら、
復讐しなさい。
永遠に幸福になりたいのなら、
許しなさい。

by アンリ・ラコルデール

『マンガでわかる! 10代に伝えたい名言集』大和書房 (2018/2/23)より

出典元書籍:https://amzn.to/3Plv8b7

阿部牧歌の「のほほんコラム」

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日はフランスの聖職者
のアンリ・ラコルデールさんの名言を
取り上げさせていただきました。

アドラー心理学の創始者
アルフレッド・アドラーは、
「人間の悩みはすべて対人関係の悩みである」
と言い切っていますが、
いつの時代も我々を悩ますのは、
嫌いな人との関わり方ではないかと思うのです。

職場の人間関係を例にあげますが、
この嫌いな人とどう接するかが
仕事のストレス度合に直結します。

嫌いな人に対して、復讐すれば、
一時的な幸福は得られるかもしれない。
だけど、永遠の幸福を望むなら
許すことだとラコルデールさんは言います。

過去と他人は変えられないと言いますが、
他人は変えることはできません。
変えることが出来るのは自分の方です。

私も職場に苦手な方がいて悩んだことがあるのですが、
その方は周りの方をめちゃくちゃ否定する人でした。
私も徹底的に否定され、深く傷ついたことがあり、
それからこの方が苦手になりました。

このとき、相手を否定し返すという方法をとれば、
一時的にはすっきりしたかもしれませんが、
私は私なりに解決の道を模索しました。

結局行きついたのは、
相手が否定してくることの利点を探すことでした。

確かに否定されるのは精神的にきついのですが、
否定されることにより自分の意見や考え方が
ブラッシュアップしていることに気づきました。

「あ、この人は私の試金石だ」と素直にそう思ったのです。
それからというもの、その方に否定されるたびに、
「私の意見をブラッシュアップしてくれている、有難い」
と思うようになり、その方に否定されることが
なんともなくなりました。

私は苦手な人がいるとき、
その方と接することの利点を探すことで、
職場でのストレスを軽減することができました。

他人というものは変えることはできません。
変えることができるのは、
自分の捉え方や考え方だけ。

その方を受け入れられるような
捉え方や考え方をすること。
これが私なりの受容の仕方です。

復讐すれば、
またさらに返ってくることになるでしょう。
復讐するのではなく、相手を受容する。
これが人間関係においては何よりも大事だと思うのです。

アンリ・ラコルデールのプロフィール

アンリ・ラコルデール(Jean-Baptiste Henri Lacordaire/1802年5月12日-1861年11月21日)は、フランスの聖職者、ジャーナリスト神学者、政治活動家。19世紀で最も偉大な説教壇の雄弁家とも称される人物であり、ドミニコ会の再建に尽力したことでも知られる。

参考文献・出典:Wikipedia(URL)

著作権者の皆様へ
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。