ウエイン・W・ダイアーの名言 第2集

人間の一生でもっとも無益な感情が二つある。
すんでしまったことに対する自責の念と、
これから行なうことへの不安である。

by ウエイン・W・ダイアー

『自分のための人生』三笠書房; 改訂新版 (2011/7/21)より

出典元書籍:https://amzn.to/3MAoTym

阿部牧歌の「のほほんコラム」

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日はアメリカの心理学者
のウエイン・W・ダイアーさんの名言を
取り上げさせていただきました。

ウエイン・W・ダイアーさんはおっしゃります。
「すんでしまったことに対する自責の念と、
これから行なうことへの不安」は無益であると。

言い換えると、
「過去への後悔」と「未来への不安」は
無益であるということでしょうか。

では何が有益というかと言えば、
「生きるべきときは今をおいて他にない」
とも語られておられて、
今、この瞬間を生きることの重要性を
ウエイン・W・ダイアーさんは述べられています。

過去を後悔したって過去は変えられないし、
未来を不安に思ったって、まだやってこない。
我々に生きることのできるのは今この瞬間だけ。

コントロール可能なのは、
今この瞬間であって、この瞬間に全力を注ぐしかない。

過去や未来を思い悩まず、
今この瞬間にできることをするしかない。

過去を後悔しているときや、
未来に不安を覚えるとき、
ぜひこの言葉を思い出してほしいのです。
「生きるべきときは今をおいて他にない」と。

著作権者の皆様へ
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。