SHOWKOの名言

悩んだり、悲しい経験をしたりすることで、
より強くなれる。
傷や失敗をなかったことにする必要は
ないのだと思います。

by SHOWKO

『月刊PHP 2022年6月号 (月刊誌PHP)』PHP研究所 (2022/5/10)より

出典元書籍:https://amzn.to/3lHKcCn

阿部牧歌の「のほほんコラム」

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日は陶芸家でアーティスト
のSHOWKOさんの名言を
取り上げさせていただきました。

SHOWKOさんは、割れた陶器の破片を
うるしで継ぎ合わせて装飾する
日本古来の伝統技法「金継ぎ」を
作品の中で使われているそうなのですが、

傷を隠すのではなく、
活かす。
修復したところを「景色」とよび、
あえて柄のように目立たせる美意識が素敵
と語られています。

新品よりも修復していったものの方が
存在感が増してエネルギーを感じるそうです。

私たち人間もたくさんの傷を負い、
修復して生きている。
でもその傷を隠す必要なんてない。

人生で負ってきた傷が
あなただけの柄になる。

こんな人生を歩んできたんだと
堂々と歩いてよいのです。
傷は修復すれば柄になる。

SHOWKOさんの言葉から
そんなことを学ばせていただきました。

SHOWKOのプロフィール

SHOWKO(ショウコ)は、陶芸家アーティスト。京都にて330年の歴史のある茶道具の窯元「真葛焼」に生まれ、茶道をはじめとした日本文化が日常にある家庭で育つ。2002年より佐賀県武雄の草場一寿氏の元で修行の後、2005年に京都に戻り、自身の工房「Spring
Show Studio」をスタート。2009年にブランド「SIONE(シオネ)」を立ち上げ。2016年には銀閣寺近くの旅館をリノベーションし、工房兼ショップをスタート。ドキュメントバラエティ「セブンルール」出演により、広く注目されている。

参考文献・出典:『感性のある人が習慣にしていること』クロスメディア・パブリッシング(インプレス) (2022/1/21)

主な著作

  • 『感性のある人が習慣にしていること』クロスメディア・パブリッシング(インプレス) (2022/1/21)

SHOWKOの著作一覧:https://amzn.to/3GslvU0

著作権者の皆様へ
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。