西村博之(ひろゆき)の名言 第9集

何かを成し遂げるために
頑張らなければいけない場所を
選んだ時点で、
それが好きでたまらない人や、
ちょっと頑張っただけで
うまくいってしまう人に本気を出されたら、
すぐに先を越される。
競争に勝てなければ、
その努力が報われることはありません。

by 西村博之(ひろゆき)

『報われる努力、ムダな努力 (プレジデント2022年 6/17号)』プレジデント社 (2022/5/27)より

出典元書籍:https://amzn.to/3mdLRzG

阿部牧歌の「のほほんコラム」

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日は「2ちゃんねる」の開設者として知られる
実業家の西村博之(ひろゆき)さんの名言を
取り上げさせていただきました。

ひろゆきさんが努力について語った言葉なのですが、
努力を努力と感じる時点で、
それが好きな人が本気を出してしまったら
勝ちようがないとひろゆきさんは言います。

また「努力は苦行じゃない」とも語っておられ、
苦しい努力なんて続かないよと
世間にアドバイスしておられます。

これには私も同感で、
才能とは自分が努力と思わないで
圧倒的な努力のできる分野だと私は思っています。

自分がどの分野なら努力とも思わないで
圧倒的な努力ができるか。
その分野さえ見つけてしまえば、
あとはそのことに没頭するだけ。

打ち込める分野を見つけられた人は幸せだなと
私は思います。

好きを仕事にするか否かという論争がありますが、
好きなことなら努力とも思わずに、
圧倒的な努力ができるという点で
私は好きを仕事にするに一票です。

今の時代は、自分の好きを仕事にしやすくなっています。
たいていの分野ならサイトを作って展開もできるし、
Youtubeで動画を公開してもいい。
クラウドファンディングで自分の夢を語って
資金を集めることも可能です。

自分が圧倒的努力のできる分野をみつけて
その分野に全力を尽くす。
これが幸せな仕事の仕方のひとつではないかと思うのです。

私も本職は福祉系なのですが、
やはりこの分野の一流の人は、
その仕事が好きで好きでたまらないといった方ばかりです。

その仕事が好きな人にはかなわないなというのが
社会人15年目の私が感じる正直な感想です。

好きを仕事にできないよなんて人に
個人的におすすめなのは、
自分が携わっている仕事の中で、
没頭できる分野を見つけ出すというものです。

どんなに狭い範囲でもいいので、
自分の仕事の中でここは好きだなという分野をみつけて
そこに全力投球するということです。
自分の仕事の中でここだけはほかのひとに負けない
という分野を作ってしまうのが
自分の仕事を楽しむ近道かなと思います。

突出した部分ができると
その部分では周りからも認められるので
周囲の信頼も得やすい。

ここは○○さんに任せるわという風になるので、
同じ仕事をしながら自分の好きな分野を増やせるというわけです。

こんなにうまくいくかはわかりませんが、
自分の仕事のなかで好きな部分を探すというのは、
いますぐにできることなので
だまされたと思ってやってみてください。

そこが見つかれば、そこに時間を注ぎ突出する。
これが社会人をしながら好きを仕事にしていく、
ひとつの戦法かなと思います。

著作権者の皆様へ
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。