マルティン・ルターのプロフィール

マルティン・ルター(Martin Luther/1483年11月10日-1546年2月18日)は、神聖ローマ帝国の神学者、司祭、牧師。16世紀に起こった宗教改革(キリスト教)の中心人物として著名。カトリック教会が発行していた罪の償いを軽減する証明書「贖宥状(免罪符)」への批判を「95ヶ条の論題」としてヴィッテンベルク城教会の門扉に貼りだしたことで宗教改革の発端を作り、これが以前から指摘されていた教皇位の世俗化や聖職者の堕落などの不満と結びついたことで、ローマ・カトリック教会(ローマ教皇を中心としたキリスト教最大の教派)からプロテスタントの分離が起こるまでに発展。またルターが作ったドイツ語訳の聖書は広く読まれ、エラスムスのギリシア語テキストをもとにした同書は近代ドイツ語の成立に大きな役割を果たしたと考えられているほか、「聖書に書かれていないことは認めることができない」というルターの言葉が重税によって苦しい生活を送っていた農民たちに希望を与え、ドイツ農民戦争(1524年-1525年)のきっかけを作るなど、宗教上の足跡以外でも大きな影響を与えた。

Created February 15, 2017

マルティン・ルターの名言集

『Brainy Quote』より

たとえ明日、世界が粉々にされてしまうことを知っていたとしても
私はリンゴの木を植えるだろう。

オリジナル意訳・要約

人々の行動は
すべて根底に希望があります。

オリジナル意訳・要約

あなたが賢ければ
悪魔は何もできません。

オリジナル意訳・要約

『Goodreads』より

世界を変えたいのならば
あなたの想いを文章にしなさい。

オリジナル意訳・要約

言ったことに責任を持つのは当たり前です。
言ってないことに対しても責任を持ちなさい。

オリジナル意訳・要約

不条理な法律は
もはや法律ではありません。

オリジナル意訳・要約

誰が正しいと言おうとも
自分の良心に反するのならば、それは正しくない。

オリジナル意訳・要約

あなたの良い行いを必要としているのは
神ではありません。隣人です。

オリジナル意訳・要約

言葉が少なければ少ないほど
願いは本物です。

オリジナル意訳・要約

偉大な人物に成長する者は皆、謙虚になっていきます。
おごり高ぶった傲慢な者が神に愛されるわけがないからです。

オリジナル意訳・要約

未分類

旧サイトで公開していた参考文献・出典元が特定できていない分です。詳細がわかりしだい追記します。旧公開ver.に少し編集(意訳・要約)を加えました。

どれほどの知恵を持っていたとしても
それを使う勇気が持てないのならば
何の役にも立たない。

いくら信仰に厚くても
希望がないのならば、何の価値もない。

希望は常にその人の中にあり続け
すべての悪と不幸を乗り越える力を持っているからだ。

オリジナル意訳・要約

やがて成長して作物が得られるという希望がなければ
農夫は畑に種を蒔かないだろう。

子供が生まれるという希望がなければ
人類に結婚という仕組みは出来なかっただろう。

利益を得ることができるという希望がなければ
商人は商売を始めないだろう。

この世を動かしているのは
すべて希望なのだ。

オリジナル意訳・要約

死によって人生が終わってしまうのではない。
死によってその人の生涯が完成するのである。

オリジナル意訳・要約

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示