生方正の名言

何かを学ぶということは、
何かを捨て、時間をつくり出さなければならない。
やらないことを決めないと、
時間はつくり出せません。

by 生方正

『報われる努力、ムダな努力 (プレジデント2022年 6/17号)』プレジデント社 (2022/5/27)より

出典元書籍:https://amzn.to/3mdLRzG

阿部牧歌の「のほほんコラム」

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日は明治大学サービス創新研究所研究員
の生方正さんの名言を
取り上げさせていただきました。

私が高校生の時に衝撃を受けた考えに
「トレードオフ」というものがあります。

トレードオフとは、
辞書的にいうと「両立できない関係性」のことですが、

私流に解釈していうと、
あるものを選択するということは、
その時に選べたであろう他の選択肢を捨てる
ということを意味します。

何かを新しく学ぶということは、
それまでしていた何かを捨てなければいけない。
何も捨てずに
新たに学ぶ時間が手に入れるなんておいしい話はありません。

物事は基本的にトレードオフの関係になっているので、
新しいことをはじめたいのならば、
やめることを決める必要があります。

何にもしていないのに時間が生み出される
なんてことは基本的にありませんから、
自分で時間を作り出す必要がある。

生方正さんは、
何か新しいことを学ぶなら、
やらないことを決めないと、
時間はつくり出せない。
と世間の方にアドバイスされているのですが、

選択肢が溢れるこの時代には、
何をやらないかを決めることが
何よりも重要かもしれません。

捨てる行為は怖いかもしれませんが、
今行っている行為を何も捨てないということは
新しい行為を行う可能性を捨てていることにもなります。

物事はトレードオフの関係になっているということを踏まえた上で、
自分の行動の選択肢を選んでいきたいものです。

生方正のプロフィール

生方 正(うぶかた ただし)は、明治大学サービス創新研究所研究員を務める人物。高校卒業後に海上自衛隊に入隊。写真員となり、インド洋給油支援活動、環太平洋合同訓練など多くのミッションに参加。勤務のかたわら、各種節約術を駆使しながら貯蓄を行ない、定額積立貯金、国内株式、金の現物買い、在日米軍に対する不動産投資などを実施することで億の資産を築く。現在は、アーリーリタイアを遂げ、花粉の飛ぶシーズンは海外に所有する別荘に滞在し、それ以外は各国を旅している。

参考文献・出典:『「金持ち脳」になって自由な人生を手に入れる 攻めの節約』WAVE出版; New版 (2021/7/8)

主な著作

  • 『「金持ち脳」になって自由な人生を手に入れる 攻めの節約』WAVE出版; New版 (2021/7/8)
  • 『高卒自衛官が実現した 40代で資産2億円をつくる方法』あさ出版 (2018/6/10)

生方正の著作一覧:https://amzn.to/3aR2v5L

著作権者の皆様へ
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。