オリバー・バークマンの名言 第4集

どこまでも効率的で、
万能で、傷つくことがなく、
完璧に自立した人間になることなど、
はじめから無理だったと認めていいのだから。
さあ腕まくりをして、自分にできることに取りかかろう。

by オリバー・バークマン

『限りある時間の使い方』かんき出版 (2022/6/22)より

出典元書籍:https://amzn.to/3RipFD8

阿部牧歌の「のほほんコラム」

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日はイギリスの全国紙ガーディアンの記者
のオリバー・バークマンさんの名言を
取り上げさせていただきました。

オリバー・バークマンさん著『限りある時間の使い方』の
エピローグ「僕たちに希望は必要ない」
で述べられていた言葉なのですが
我々が求めていた安定や完璧さなど、
初めからどこにもなかった。
そう締めくくられていました。

「希望を捨てることは肯定であり、
始まりの始まりです」とは、
アメリカの仏教徒ペマ・チョドロンの言葉ですが、
希望を捨てるとは、
自分の限界を認めること。

自分の能力には限りあることを認めること、
それが我々を自由にしてくれるというのです。

できもしないような完璧さにとらわれ、
もんもんとする日々。
そんな日々とはもうおさらばしようではないかと
本書は問いかけます。

自分は限りある存在だ。
それを認め、自分にできることをする。
我々は一生生きられる存在ではない。
時間にすると約4000週間しか生きられない生き物だ。

自分にはできないことがあって当たり前だ。
これが意外と盲点で、
すべてのことができないといけないと我々は思い込み、
苦しんでいる。

希望という名の完璧さという妄想を捨てること。
これこそが我々人間を自由にしてくれる鍵なのではないでしょうか。

我々に希望など必要ない。
これは決して夢など見るなということではなく、
すべてのことができないといけないと思いがちな現代人の
重石を降ろしてくれる言葉だと思うのです。

著作権者の皆様へ
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。