中島聡の名言

集中力を無理に引き出さなければ
いけない仕事をそもそもするな。

by 中島聡

『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』文響社 (2016/6/1)より

出典元書籍:https://amzn.to/3J76VT9

阿部牧歌の「のほほんコラム」

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日はコンピュータ技術者
の中島聡さんの名言を
取り上げさせていただきました。

中島聡の著書『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』
の233ページに衝撃的な一言がありました。
それは「集中しなきゃいけない仕事なんかするな」
という一言でした。

その章でその言葉の解説があったのですが、
「集中力を無理に引き出さなければ
いけない仕事をそもそもするな」という理論でした。
つまり、嫌々やらなければいけないような
仕事なんてしてる暇があったら
情熱を注げる仕事に集中した方がよいという考えで、
限りある人生を有意義に過ごすには、
自分の情熱の注げるジャンルを選べと
中島聡さんはおっしゃります。

『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』は、
仕事術の本だったのですがその中身は人生論であり、
嫌な仕事に追われてる暇なんて人生にはない。
やりたい仕事を全力で追えというものでした。

適職や天職の本を読んでいると、
好きなことを仕事にしろという考えが
よく出てくるのですが
偉人たちの多くはしてる仕事を
好きになった人がほとんどであり、
そのポイントが「仕事を追っている」
ということではないかと思うのです。

受動的に仕事をするのではなく、
主体的に仕事をする。
これがすべての仕事を面白くする秘訣
ではないかと思うのです。

中島聡さんは仕事を、
花を用意する仕事に例えていたのですが、
あなたの仕事は花を準備することであって、
花を注文することではない。

どんな方法を使おうとも花を準備できればよく、
花が準備できたら昼寝しておけばよいというものでした。
多くの人の仕事は花を注文することで止まっている。
花屋が遅れて花が準備できないときに、
花屋のせいにするのは二流。
一流はどんな手を使ってでも花を準備する。

そのためには、圧倒的なスピードで花を準備しておき、
何が起きても大丈夫な仕事の進め方をしておかなければいけない。
最初の2割の期間で8割終わらすというのが、
中島聡さんの仕事術の本質であり、
残りの2割の仕事は鼻歌を歌ながら楽しめというもの。

圧倒的なスピードで仕事を終わらしていき、
常に仕事を主体的に追っていく。
これが仕事を楽しんでいる人の共通点です。

同じ仕事でも追われるのと追うのとでは、
楽しさが全く違います。

受動的に追われるのではなく、
主体的に追っていく。
これが中島聡さんの本を読んで学んだ知恵でした。

中島聡のプロフィール

中島 聡(なかじま さとし/1960年-)は、北海道生まれ・東京都育ちのコンピュータ技術者、ITエンジニア、起業家ライター。マイクロソフトでWindows 95、Windows 98、Internet Explorer 3.0/4.0のチーフアーキテクトなどを務めたことなどで知られる人物であり、Xevo(旧UIEvolution)の創設者。1985年早稲田大学大学院を卒業後、NTTに入社。1986年にマイクロソフトの日本法人(MSKK)が設立されると、社長の古川享に直訴しMSKKに転職。WindowsやOS/2の日本語化に携わった後、1989年に米国マイクロソフト本社に移る。マイクロソフトを退社後は、ベンチャーキャピタル勤務を経てUIEvolutionを設立。「UIEngine」などを開発する。2008年にBig
Canvas社を設立。2012年1月、new.Pen LLCを共同で設立。2015年5月、Swipe社を設立。2017年に著書『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか
スピードは最強の武器である』で、第5回ブクログ大賞のビジネス部門大賞を受賞。

参考文献・出典:Wikipedia(URL)

主な著作

  • 『ニュー・エリートの時代 ポストコロナ「3つの二極化」を乗り越える』KADOKAWA (2021/4/1)
  • 『プロセッサの地政学、オペレーティングシステムの地政学』(2021/3/16)
  • 『結局、人生はアウトプットで決まる 自分の価値を最大化する武器としての勉強術』実務教育出版 (2018/11/9)
  • 『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』文響社 (2016/6/1)
  • 『2011年7月28日、私はブログを読んだ菅総理によばれて官邸に行ってきた ~エンジニアからみた『原発』~』インプレス (2012/4/13)
  • 『エンジニアとしての生き方  IT技術者たちよ、世界へ出よう!』インプレス (2011/3/11)

中島聡の著作一覧:https://amzn.to/3zxpMDY

著作権者の皆様へ
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。