鈴木裕の名言

仕事への情熱は、
自分が注いだリソースの量に比例する。

by 鈴木裕

『科学的な適職』クロスメディア・パブリッシング(インプレス); 四六版 (2019/12/13)より

出典元書籍:https://amzn.to/3PLmYs2

阿部牧歌の「のほほんコラム」

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日はサイエンスライター
の鈴木裕さんの名言を
取り上げさせていただきました。

『科学的な適職~最高の職業の選び方~』という本の
46ページに掲載されていた言葉なのですが
我々が仕事にもっている情熱というのは、
自分が注いだリソースに比例しているんだよ
という見解が面白かったので紹介させていただきました。

鈴木裕さんは、10万本の科学論文を読破されている方なので
その著書の内容も非常にエビテンスに基づいているのですが、
仕事にもっている情熱というのは、
自分が注いだリソースに比例している
というのもとあるエビテンスに基づいています。

それは2014年にロイファナ大学がとった
起業家に対するアンケートであり、
結果は過去に注いだ努力の量が多くなるほど、
現時点での情熱の量も増加するという結果でした。

「サンクコスト」という理論の方が有名かもしれませんが、
サンクコストとはそれまでにかけたお金や時間などの
コストが大きくなればなるほど、
もったいなくてその事業や投資などから手がひけなくなるというもので、
リソースやコストをかければかけるほど、
我々はその対象に執着するということが
科学的にわかっています。

これは情熱も同じことであり、
それまでにかけた努力の量が多ければ多いほど、
その対象への情熱も高まるという理論は、
適職の発見にも大きなヒントになり、
努力をすればするほど、その仕事は適職、
ひいては天職になっていくことを意味します。

つまり、適職をみつけるひとつの方法は、
努力ができる仕事かどうかです。
努力ができる仕事なら、それは努力が積み重なっていき、
情熱となるからです。

天職とはみつけるものではなく、
自らが創り出すものだということを
鈴木裕さんの『科学的な適職』から
学ばせていただきました。

鈴木裕のプロフィール

鈴木裕(すずき ゆう/1976年-)は、科学に関する最新の知見を紹介するブログ「パレオな男」を運営するサイエンスライターブロガー。10万本の科学論文の読破と600人を超える海外の学者や専門医へのインタビューを重ねつつ、科学に関する最新の知見を紹介している人物であり、自身のブログ「パレオな男」は月間250万PVを達成。多くの著書を発表するほか、ヘルスケア企業などを中心に科学的なエビデンスの見分け方などを伝える講演なども行っている。

参考文献・出典:『ヒトが持つ8つの本能に刺さる 進化論マーケティング』すばる舎 (2022/8/4)

主な著作

  • 『ヒトが持つ8つの本能に刺さる 進化論マーケティング』すばる舎 (2022/8/4)
  • 『無(最高の状態)』クロスメディア・パブリッシング(インプレス) (2021/7/16)
  • 『不老長寿メソッド 死ぬまで若いは武器になる』かんき出版 (2021/2/3)
  • 『科学的な適職』クロスメディア・パブリッシング(インプレス); 四六版 (2019/12/13)
  • 『ヤバい集中力 1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45』SBクリエイティブ (2019/9/20)
  • 『最高の体調 ~進化医学のアプローチで、過去最高のコンディションを実現する方法』クロスメディア・パブリッシング(インプレス) (2018/7/13)
  • 『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』鉄人社 (2018/5/22)

鈴木裕の著作一覧:https://amzn.to/3J4QjLM

著作権者の皆様へ
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。