井上二郎の名言

つぶれてしまったら、
既存のお客様を守れなくなります。

by 井上二郎

『月刊PHP 2022年8月号 (月刊誌PHP)』PHP研究所 (2022/7/10)より

出典元書籍:https://amzn.to/3JORP5n

阿部牧歌の「のほほんコラム」

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日はパナソニックホームズ社長
の井上二郎さんの名言を
取り上げさせていただきました。

「パナソニックホームズは潰れたらあかん」
という井上社長の言葉なのですが、
その理由を「数万人の方々の生活が
かかっているのだから、
それをつぶすわけにはいかないのです」
と語っておられました。

職業として成り立っている仕事は、
ひとつ残らず多くの人と関わっているはずです。
自分の仕事がどれだけ多くの人に影響を与えているのか、
そこを考えなおすことが自分の仕事の意義を考える上で
大事な視点ではないかなと思いました。

パナソニックホームズさんに限っていえば、
既存のお客さんが50万人以上、
関わっている業者さんが数万人。
これだけの人の生活がかかっているのだから、
この会社を潰すわけにはいかないとの想いで
経営されているそうです。

最近、適職の本をAmazonで買い漁って
読みまくっていたのですが、
色々読んでみたまとめとしては、
好きなことを仕事にするのではなく、
やっている仕事を好きになる。

そのためには、その仕事の意義を
自分の価値観にそって掴むこと。
これが大事という感想を抱いたのですが、
その仕事の意義を掴むときにヒントになるのが、
どれだけの人の役に立っているかを考えることだと思うのです。

この仕事をすることで
どれだけの人の役に立っているのかを考える。

日々の忙しい仕事の中で、
自分の仕事がどれだけの人を幸せにしているのか、
笑顔にしているのか、役に立っているのか、
それを考える時間をとることがとても大事に思います。

井上二郎のプロフィール

井上 二郎(いのうえ じろう)は、パナソニックホームズ株式会社代表取締役社長を務める実業家。松下電器産業(現:パナソニック)時代には、「座(現・The)シャワー」などの企画開発などに携わった。

参考文献・出典:『月刊PHP 2022年8月号 (月刊誌PHP)』PHP研究所 (2022/7/10)

著作権者の皆様へ
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。