リー・シーゲル(リー・セガル)のプロフィール

リー・シーゲル(Lee Aaron Segel/1932年-2005年1月31日/男性)は、アメリカの数学者。マサチューセッツ州ニュートン出身。対流、粘菌、走化性などの研究で知られる人物。日本語では「リー・セガル」とも表記される。1953年にハーバード大学を卒業後、マサチューセッツ工科大学(MIT)大学院で応用数学の研究に取り組む。1959年にMITで博士号を取得し、翌年にレンセラー工科大学の数学教員となる。その後、コーネル医科大学やスローン・ケタリング研究所などを経てワイズマン研究所に移り、応用数学学科の学部長などを歴任。1984年から1999年にかけてはロスアラモス国立研究所で過ごした。

Created February 15, 2017

リー・シーゲル(リー・セガル)の名言集

未分類

旧サイトで公開していた参考文献・出典元が特定できていない分です。詳細がわかりしだい追記・分類します。旧公開ver.に少し編集(意訳・要約)を加えました。

我々は色々な物を
持ちすぎているのかもしれない。

確かに時計があれば
時刻を知ることができて便利だが

時計を2つ持っていたとしたら
どちらが本当の時刻を示しているかわからずに
混乱してしまうことになるだろう。

オリジナル要約・略

参考文献・出典

参考文献・出典を表示/非表示