ちきりんの名言 第4集

大人とか、先生の役割って、
本来は「こうやって遊ぶと、人生楽しいよ!」って
教えることだと思うんです。
しかもクチで説明するんじゃなく、
自分の人生を見せながら、
子供に人生の楽しさを示していく。

by ちきりん

『悩みどころと逃げどころ』小学館 (2016/6/1)より

出典元書籍:https://amzn.to/3QOvAyF

阿部牧歌の「のほほんコラム」

こんにちは阿部牧歌です(*’ω’*)
今日はおちゃらけ社会派ブロガー
のちきりんさんの名言を
取り上げさせていただきました。

ちきりんさんと梅原大吾さんの対談集
『悩みどころと逃げどころ』の
「楽しみ方を提示するのがプロの役割」の章で
述べられていた言葉なのですが、

プロはプレーでファンを
わくわくさせないといけないと述べる
梅原大吾さんに対して
大人や学校の先生も同じと述べるちきりんさん。

いまの学校は
「こうやったら人生に勝てるよ」しか教えない。
だから勝つことしか考えない人間が育ってしまう。

そうではなくて、どうやったら人生を楽しめるのか。
そこを教育者が教えなければいけない。
学校の先生がこうやって生きると
「人生サイコーに面白いんだぜ」って教えてくれたら、
学校はもっと楽しくなる。

人生でどう生きたらいいんだと悩む多くの人に伝えたいのは、
人生は大いに楽しめばいいってことです。

成功しなければいけないなんて、
誰かに植え付けられた価値観です。
もちろん、成功を目指すのは自由ですが、
成功に縛られる必要もない。

何かすごいことをしなければ自分には価値がない
なんて思う必要はありません。

現在は英語で「present」。
まさに人生とはプレゼントなのです。

人生というプレゼントを大いに楽しむ。
それでいいのではないでしょうか。

人生というプレゼントをいかに楽しむか、
子供達にはそんなメッセージを伝えたいものです。

著作権者の皆様へ
  • ※当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、いたらない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしまして恐れ入りますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。