安らぎの癒し系名言集

安らぎの癒し系名言集

「地球の名言」に収録されている癒し・安らぎに関する名言集です。

あなたをそっと支えてくれるような言葉を集めました。



大野裕の名言

癒し・安らぎ
大野裕

大野裕(おおの ゆたか/1950年-/男性)は、愛媛県出身の医学者、精神科医。国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター所長を務める人物であり、日本における認知療法の第一人者として知られる。

最相葉月の名言

癒し・安らぎ
最相葉月

最相葉月(さいしょう はづき/1963年11月26日-/女性)は、東京生まれ・神戸育ちのノンフィクションライター、編集者。関西学院大学法学部法律学科を卒業後、広告会社や出版社、PR誌編集事務所勤務などを経てフリーのライター兼編集者となる。

万城目学の名言

癒し・安らぎ
万城目学

万城目学(まきめ まなぶ/1976年2月27日-/男性)は、大阪府出身の小説家。京都大学法学部卒業。『鴨川ホルモー』『プリンセス・トヨトミ』などの、実在の事物や日常の中に奇想天外な非日常性を持ち込むファンタジー小説で知られる人物。

名越康文の名言

癒し・安らぎ
名越康文

名越 康文(なこし やすふみ/1960年6月21日-/男性)は、奈良県出身の精神科医、評論家。専門は思春期精神医学、精神療法。高野山大学客員教授、相愛大学客員教授。妻はラジオパーソナリティ、ナレーター、アロマセラピストの金子奈緒(かねこ なお)。

蛭子能収の名言

癒し・安らぎ
蛭子能収

蛭子能収(えびす よしかず/1947年10月21日-/男性)は、長崎県出身(生まれは熊本県)の漫画家、イラストレーター、タレント、俳優、映画監督。元々はグラフィックデザイナー志望であり、高校卒業後は地元の看板店に就職。その後、上京し様々な仕事に就きながらシナリオ学校に通う。1973年に漫画雑誌「ガロ」に投稿した作品が入選したのをきっかけに漫画家デビューを果たす。絵は決して上手と言える方ではなかったものの、ヘタウマの作風で独自の世界を創りあげ評価を獲得している。

大空幸星の名言

癒し・安らぎ
大空幸星

大空幸星(おおぞら こうき/1998年-/男性)は、NPO法人「あなたのいばしょ」理事長。愛媛県松山市出身。「信頼できる人に確実にアクセスできる社会の実現」と「望まない孤独の根絶」を目的にNPOあなたのいばしょを設立。

ヨシダナギの名言

癒し・安らぎ
ヨシダナギ

ヨシダナギ(1986年7月6日-/女性)は、東京都出身の女性写真家。主にアフリカをはじめとする世界の少数民族や先住民を被写体に撮影することで知られる人物であり、少数民族と同じ格好になって写真を撮影するスタイルでも知られている。2015年、TBSの紀行バラエティ番組『クレイジージャーニー』で「服を脱ぎ民族と同じ姿になる写真家」として紹介されエチオピアのスリ族との撮影の様子が取り上げられる。

青羽悠の名言

癒し・安らぎ
青羽悠

青羽悠(あおば ゆう/2000年-/男性)は、愛知県岩倉市出身の小説家。東海高等学校在学中の2016年、小説『星に願いを、そして手を。』で第29回小説すばる新人賞を受賞しデビュー(歴代最年少記録を更新)。

川上弘美の名言

癒し・安らぎ
川上弘美

川上弘美(かわかみ ひろみ/1958年4月1日-/女性)は、東京都出身の小説家、俳人。幻想的な世界と日常が織り交ざった描写を得意とすることで知られる人物であり、作品のおりなす世界観は「空気感」と呼ばれる。大学在学中よりSF雑誌に短編を寄稿、編集にもたずさわる。高校の生物科教員などを経て、1994年、短編「神様」でパスカル短篇文学新人賞を受賞。1996年「蛇を踏む」で芥川賞受賞。

関連コンテンツ

ページの先頭へ